【中学生向け】ピアノ発表会におすすめの髪型5選&簡単にできるコツ

中学生の子供のピアノの発表会。幼いころは親が決めていた当日の衣装や髪型も、中学生ともなれば子供のこだわりが強くなっていくでしょう。しかし、「お母さん、この髪型にして!」と言われても、複雑なヘアアレンジはなかなか難しいものです。そこで、当記事では簡単なのにかわいい、中学生のピアノの発表会にぴったりの髪型とコツをご紹介します。

ピアノ発表会!中学生向けの簡単髪型5選

それでは早速、ピアノの発表会におすすめの簡単なヘアアレンジを5つご紹介します。どれも自宅でできるアレンジですので、ぜひお子さんと相談しながら髪型を決めてみてください。

(1)ハーフアップ

中学生のピアノの発表会におすすめの髪型の1つ目は「ハーフアップ」です。日常的にハーフアップをしているという子供もいるかもしれませんが、一工夫でグッと発表会らしさを演出することができます。

例えば、こちらの動画をご覧ください。動画内では多くのアレンジ技法が凝らされており、とても華やかな髪型に仕上げられています。

(参照元:卒業式の袴や発表会に ママでも出来る簡単可愛いハーフアップヘアーアレンジスタイル|YouTube)

もちろん、可能であれば全てのアレンジを参考にしてみてもいいでしょう。しかし最初のベースづくりとトップの髪のくるりんぱだけでも、十分にアレンジの効いたスタイルになっています。

最後にくるりんぱの結び目を隠すようにヘアアクセサリーを固定すれば、お手軽でかわいいピアノの発表会スタイルの完成です。大きめのモチーフであれば、多少結び目がずれてしまっても隠すことができるのでおすすめです。

(2)裏編み込み

中学生のピアノの発表会には、「裏編み込み」をした髪型もおすすめです。裏編み込みは一般的な編み込みよりも表面が立体的に見えるため、より凝ったデザインに見えるという特徴があります。

裏編み込みのやり方については、こちらの動画で詳しく紹介されています。

(参照元:裏編みこみ Dutch Braid into a Side Ponytail|YouTube)

動画のとおりに裏編み込みをしていくと、片方の頭の上部から反対側の耳の下部にかけて、ぷっくりとした三つ編みが連なっているような髪型になります。裏編み込みのそれぞれの目が光を反射させる姿は、光を浴びるステージにぴったりです。

(3)ロープ編み

編み込みや裏編み込みは難しい……という場合には、「ロープ編み」でアレンジをしてみてはいかがでしょうか? ロープ編みは髪の毛を少しずつすくい足しながら、髪の毛をねじってアレンジしていく方法です。

例えば、こちらの動画ではロープ編みを使ったスタイリングが分かりやすく解説されています。こちらの動画のとおりに編み進めていくと、とてもきれいなアップスタイルに変身させることができます。

(参照元:ミディアムヘアアレンジ アップやり方☆発表会で崩れにくい簡単ロープ編み動画。|YouTube)

髪の毛を巻いたり少しずつ結んだりするのが面倒な場合も、ロープ編みのアップスタイルはおすすめです。大人っぽく見せることもできるため、中学生の子供にも喜ばれるでしょう。

(4)お団子

お団子ヘアは小さな子供から中高生まで人気のある、定番の髪型です。ある程度の髪の長さがあれば簡単にでき、かつヘアアクセサリーを工夫することでピアノの発表会にもふさわしいスタイルになります。

とはいえ、お団子ヘアをやったことがないという方もいるでしょう。そんな方は、こちらの動画で紹介されている方法でお団子ヘアを作ってみてはいかがでしょうか? ポニーテールをくるくると巻きつけるだけで、簡単にお団子のまとめ髪スタイルに仕上げることができます。

(参照元:ポニーテールを◯◯で留める!簡単お団子ヘアアレンジ|YouTube)

ポニーテールを巻きつけるタイプのお団子は簡単にできる反面、巻き終わりの髪の毛がぴょんと跳ねてしまうことがあります。そんなときには大きめのコサージュなどをつけて、カモフラージュしてしまいましょう。

例えば以下の形のようなコサージュであれば、結び目を隠すことができます。また、髪を全て上げている中で少し垂れるリボンが可憐さを演出してくれます。

(5)サイドアップ

中学生のピアノの発表会におすすめの簡単な髪型として、「サイドアップ」も挙げられます。サイドアップは名前のとおり、髪を左右のどちらか一方にまとめる髪型です。小中学生の子供を観察していると、ポニーテールを横にしたようなサイドアップにしている子供を見かけることがあるでしょう。

せっかくのピアノの発表会です。定番のサイドアップも簡単に、そしてよりフォーマルなアレンジをして楽しんでみましょう。

こちらの動画では、サイドアップの簡単ヘアアレンジが紹介されています。難しそうに見えますが、実際には結んだ髪をねじって巻くだけ、という手順だけで完成させることができます。

(参照元:スーツに合うヘアアレンジ 『サイドアップ編』【キャサリンコテージ】キッズモデル|YouTube)

1 2 3