バレエ「シンデレラ」のあらすじや特徴、おすすめDVDを紹介 ( 2 )

おすすめのCD&DVD

バレエ・シンデレラは日本でも上演されていますが、世界観をもっと身近に感じたいという方にはCDやDVDがおすすめです。舞台を鑑賞する前後に、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。ここでは、おすすめのDVDとCDを1つずつ紹介します。

Kバレエカンパニー『シンデレラ』

Kバレエカンパニーの『シンデレラ』は、バレエダンサーの熊川哲也氏による振り付けのバレエ作品で、2012年の初演では全公演がソールドアウトになるなど、バレエファンでなくても注目したい作品となっています。絵本の世界が実現する舞台や華やかな衣装など、芸術監督を務める熊川哲也氏の細部にわたるこだわりが見られるこの作品は、DVDも販売されています。

プロコフィエフの音楽と一体になったKバレエカンパニー『シンデレラ』は、アシュトン版をベースとしながらも独自の世界観を堪能させてくれます。

プロコフィエフ:「シンデレラ」全曲

プロコフィエフが作曲した「シンデレラ」の世界観を、ヴラディーミル・アシュケナージの指揮で味わうことができる作品です。歴史的名演が聴ける構成となっており、バレエ・シンデレラの世界をいつでも楽しむことができます。

バレエ・シンデレラは一見の価値あり!

日本では毎年春にバレエ・シンデレラの上演が行われますが、踊りの特徴やストーリーなどにバリエーションがあるため、何度でも楽しむことができます。シンデレラのあらすじは知っているという方でも新しい世界を垣間見ることができるバレエ・シンデレラは、一度劇場で堪能する価値があるでしょう。

参考
シンデレラ|新国立劇場バレエ団・東京
新国立劇場バレエ団『シンデレラ』のあらすじや特徴を解説!|ダンスニュースメディアサイト “デュース”
「シンデレラ」バレエのあらすじや振付の違いなどを解説してみました。|バレエのいろは
プロコフィエフ(1891~1953) バレエ音楽《シンデレラ》から -|千葉フィルハーモニー管弦楽団

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。