東京近郊幼児プール6選!事前に準備できることとは?

夏休みには、海やキャンプなど、子供と一緒に楽しみたいイベントがたくさんあります。その中でも、子供が喜ぶスポットといえば「プール」でしょう。暑い夏にぴったりのプールですが、小さな子供は安全な幼児用のプールで遊ばせたいものです。今回はまだおむつが取れていない小さな子供でも入ることができるおすすめの幼児用プールを紹介します。

東京近郊でおすすめの幼児OKのプール6選

まだ水遊びに慣れていない子供でも楽しむことができるように、幼児用プールを設置している施設があります。水深が浅いプールや、子供でも安全に滑ることができるウォータースライダーのある施設など、東京近郊で人気の幼児プールを6カ所紹介します。

萩中公園プール

東京都大田区にある萩中公園には、一年中利用できる屋内プールと、夏季限定で利用できる屋外プールがあります。屋内プールには25mプール、流れるプール、ウォータースライダー、幼児用プールがあり、本格的に泳ぎたい方はもちろん、幼児の水遊びにも最適です。

夏期のみオープンする50mプール、渚プール、ウォータースライダー、滑り台付きの幼児用プールは、2019年度の利用は7月10日から9月1日までとなっています。幼児が利用する場合は必ず保護者が付き添う必要があり、おむつを取り水着を着用して利用することが義務付けられています。中学生以下は100円で利用できるため、気軽に何度でも楽しむことができます。

参考

萩中公園プール|公式サイト

目黒区民センター体育館

屋外にも屋内にもプールがある目黒区民センター体育館は、屋外に幼児用のプールがあり、夏季限定で利用することができます。まだおむつの取れていない子供の場合は、スイミング用おむつを着用し、その上に水着を着れば利用できます。

監視員がいるため安心して楽しむことができます。まだハイハイの赤ちゃんでも安心して利用できるよう段差がついているほか、幼稚園児が喜ぶ滑り台などが設置されているのも魅力です。幼児プールは、2時間以下100円で利用することができます。隣接する区立図書館や児童館とあわせての利用もおすすめです。

参考

目黒区民センター体育館 | 東京都目黒区 | ミズノ

よみうりランド

レジャーランドとして知られるよみうりランドでは、5つのプールや、3種のスライダーを楽しむことができる大型プールを夏季限定で利用できます。子供に人気の「それいけ!アンパンマンプール」や、渚をイメージした「波のプール」、4人乗りのゴムボートに乗って滑りおりる「ジャイアントスカイリバー」など、遊び心を刺激するアトラクションが盛りだくさんです。

まだおむつが取れていない幼児でも、スイミングパンツを着用することでプールを利用することができます。ベビーカーをプールに持ち込むことができるほか、授乳室も完備されています。プールから遊園地へ行くこともできるため、親子で一日中楽しめます。

参考

5つのプールと3種のスライダー |プールWAI 東京 よみうりランド

東京サマーランド

屋内プールと屋外プールがある東京サマーランドでは、屋内プールは一年中、屋外プールは夏季限定で利用することができます。小さな子供は水遊び用のおむつを着用すれば入ることができ、プールサイドまでベビーカーを持っていくことも可能です。

屋内プールには、水遊びデビューにおすすめの「フルーツアイランド」、トンネルや滝、滑り台などで楽しむことができる「ロックビーチ」。屋外プールには水深30cmほどの「キッズベイ」のほか、「キディスライド」ではウォータースライダーを滑ることができない子供向けに全長約6mのスライダーが設置されています。プールエリアではライフガードが安全を見守っているため、幼児や子供も安心して遊ぶことができます。

参考

プールの東京サマーランド!屋外・屋内・流れるプールの遊園地!

わかぐさ公園こどもプール

「わかぐさ公園こどもプール」は東京都青梅市にある屋外プールです。夏季のみ利用することができます。流水プールは周囲100m、深さ60cmほど、幼児用プールは深さ10~30cmと、小さな子供でも楽しく遊べる深さです。おむつの取れていない幼児の場合は、プール用おむつを着用して利用することができます。

飲み物はふたの閉まるもののみ持ち込みが可能で、小学生以下は2時間40円で利用することができます。

参考

青梅市営水泳場 わかぐさ公園こどもプール利用案内|青梅市営水泳場

国営昭和記念公園

東京都立川市にある国営昭和記念公園には、東京ドーム約2倍の広さの敷地の中に9種類のプールがあります。公園内すべてをプールサイドとして利用することができ、プールへの再入場は当日に限り何回でも可能となっています。サイクリングや池でのボート遊び、バーベキューガーデンでの食事など、園内のほとんどの施設を水着のままで利用することができます。

幼児プールは水深10~15cmほどで、ナマズやムツゴロウなどの魚たちの噴水があります。水遊び用おむつを着用しての利用は不可となっているため、幼児は水着を着用させて利用するか、モニュメントプールなどで水遊びを楽しむのがいいでしょう。流水プールや濁流プールなど、子供が喜ぶ個性的なプールが魅力の施設です。

参考

レインボープール2019【東京都立川市・昭島市】 | 国営昭和記念公園公式ホームページ