【お金について学ぶ】子供におすすめのお小遣い帳やアプリ6選

子供が小学生や中学生のうちから、お金の管理や金銭感覚について学ばせたいと思っている親は多いことでしょう。お小遣い帳をつければ、お金の管理を学ぶことができます。

この記事では

  • お小遣い帳をつけるメリット
  • 人気のお小遣い帳アプリ
  • 人気のお小遣い帳
  • お小遣い帳をつける子供に親ができること

をご紹介していきます。

アプリやお小遣い帳を用いて、子供の金銭感覚を養っていきましょう。

お小遣い帳をつけるメリット

子供にとってお小遣い帳をつけるのは少し面倒かもしれませんが、以下のような多くのメリットがあります。

  • どれだけ出費したか明確に分かる
  • 無駄遣いを減らすことができる
  • 目標を設定し、貯金ができる
  • お金を管理する能力を身につけることができる

次では、これらのメリットを深堀りしていきましょう。

どれだけ使ったのかが明確にわかる

子供はお小遣いをもらうと、そのときにほしいものを次々と買ってしまってお小遣いがなくなる可能性があります。そして、残金がなくなり本当にほしいものが買えない、なんてこともあるかもしれません。

お小遣い帳をつけていると、何にどれだけ使ったかが分かり、残金がどれくらいあるかが明確に分かります。「あの時に買ったものは買わなくてもよかったな」と振り返ることができるでしょう。どれだけ使ったのか把握しながら、お小遣いの範囲でのやりくりを学ぶことができます。

無駄遣いを減らすことができる

何にどれだけ使ったのかが分かれば無駄遣いを減らすこともできるでしょう。お小遣い帳を見れば買わなければよかったものが一目で分かります。

また、ジュースやお菓子などを買う頻度が多ければ、回数を減らすだけで無駄遣いをなくす努力ができるでしょう。

目標金額を設定し、貯金ができる

子供のほしいものは何ですか? 「ゲームがほしいから貯金しよう」と目標を立て、毎月のお小遣いからいくら貯金するかを決めるとします。毎月お金がコツコツたまっていくと、小遣い帳を見るのが楽しくなるかもしれません。お金を消費せずに一定の金額をためるのは、大人になっても必要なスキルといえるでしょう。

お金を管理する能力を身につけることができる

お小遣い帳はお金の出費が一目で分かり、どこで無駄遣いをしているかが分かります。そして、無駄遣いをどれだけ減らせるかで貯金できる金額が変わってきます。お小遣い帳をつけることで失敗と反省を繰り返していき、お金を管理する能力が身についていくことでしょう。

自分の意思をコントロールできなければ、お金を管理することはできません。お小遣い帳をしっかりつけることで自分をコントロールでき、お金を管理できる大人になることができるでしょう。