【ユダヤ式教育】子供の才能を引き出すユダヤ教の教育とは?

【ユダヤ式教育】子供の才能を引き出すユダヤ教の教育法とは?

「ユダヤ人は頭がいい」、「ユダヤ人にはお金持ちが多い」そんな印象を持っている方も多いのでないでしょうか? しかし、ユダヤ人たちも生まれながらにして優秀なわけではありません。幼いころからユダヤ式の教育を受けることによって教養を高め、優秀な人材になっているのです。彼らの受けているユダヤ式教育とは、一体どのようなものなのでしょうか? 本記事でご紹介します。

ユダヤ式教育とは?

ユダヤ式教育とは?
ユダヤ式教育とは、ユダヤ教を信仰する人がユダヤ教の教えをもとにして子供たちに施している教育のことです。教育思想はユダヤ教に由来しており、実際にユダヤ教の聖典を用いて学習を進めていきます。

ユダヤ式教育の目的

ユダヤ教では教養こそが自分たちを守る唯一無二の手段だと考えています。教養を身につけることで、変化の激しい世の中においても自分や家族を守ることができると考えているからです。常に争いの中に身を置いてきた彼らは、子供たちが自分の力で自分の身を守れるようにと思い、教育に力を入れるようになりました。

ユダヤ式教育では何を学ぶの?

ユダヤ式教育では、まず「トーラ」、「タルムード」と呼ばれるユダヤ教の聖典を用いて、ユダヤ教の教えを身につけることから始めます。初めてトーラを読み始めるのは5歳ごろで、タルムードは10歳ごろから読み始めます。ユダヤ式教育では最先端のことを学ぶわけではありません。ユダヤ式教育とはあくまで土台になるものであり、高度な知識を学ぶための地盤を作る教育です。すべての知に適用できる考えや価値観を身につけ、彼らは世界に通用する力を身につけていきます。

1 2 3