【プール遊びの決定版】夏をエンジョイ!おすすめのプール遊び

夏のシーズンになると、海やプールに行く機会も訪れます。家族で海やプールに行くと子供から目が離せませんが、子供が泳げるようになるのは嬉しいものです。

そこで、今回はプールで子供が安全に遊ぶことができて泳ぐ力が身につく遊びと、それをサポートするアイテムをいくつかご紹介します。

おすすめのプール遊び

おすすめのプール遊びをいくつかご紹介しますが、小さいころは遊びで水に慣れておくことが重要です。どうしても水が嫌いだったり怖かったりしてしまうと、それだけでプール学習が嫌いになってしまいます。

和光市が行った「プールに関するアンケート(平成29年5月~6月実施)」によると、新しい温水プールができたとしても「ほとんど利用しない」と回答した人の中で、「泳ぐのが好きでないから」と答えた人が全体の20%もいました。

小さいころに水やプールに慣れておくことで、こういった結果も変わってくることでしょう。子供には、できるだけ小さいうちにこれからご紹介するような遊びをさせてあげましょう。

ジョウロ遊び

ジョウロ遊びは小さな子供たちに人気の遊びです。ジョウロといっても市販で売っているジョウロではなく、自作できるものです。

例えば、ペットボトルを使ってジョウロを作ることもできます。空のペットボトルの下を切り取って、そこにいくつか穴を開けていきます。

これができたらプールに入れてみましょう。水を入れれば穴から水が吹き出すジョウロとなります。

空気を入れたまま逆さにすることで、空気をコポコポと吹き出すおもちゃにもなります。かなり汎用性の高いおもちゃなのでおすすめです。

宝探しゲーム

主にプールに潜ることを克服するためのゲームです。まだプールに潜ったことがない子供にもかなりおすすめの遊びです。

まず、プールの中でも目立ちやすいものを用意しましょう。碁石なんかはプールの中でも目立ちやすいのでおすすめです。他にもプールの中で見やすいものであればなんでもいいです。

これをプールの中に沈めて、子供たちがプールに顔をつけて見つけていくというゲームです。もちろん、まだ水に慣れていない子たちは目で見つけるだけでもいいかもしれませんが、潜ることができる子供たちには実際に手に取ってもらうようにしましょう。

これだけで水に対する恐怖感もなくなりますし、それだけで泳ぐことを習得する子供もいます。

また、そこまでプールに慣れていない子供も、こういった遊びを楽しむことで徐々にプールに慣れていく可能性があります。

みずてっぽう遊び

ある程度水に慣れてくると、水に当たることにも抵抗がなくなります。そこまで成長したら、みずてっぽうで遊ばせるようにしましょう。

工作で的を作って並べ、それを撃ち抜くという遊びをしてもいいですし、実際にみずてっぽうを持ってお互いに水を噴射し合うという遊び方をしてもいいでしょう。

プールの中でコートを決めて、相手のコートの的を撃ち抜くという遊びも人気が高く面白いです。

注意しなければならないのは、必ずゴーグルをつけなければいけないという点です。みずてっぽうから放たれた水が直接目に当たってしまうと、それだけで目にダメージを受けることもあります。

あくまで安全面にも配慮して遊ぶようにしましょう。