転勤族の妻の悩みとは?皆の悩みと解消法

会社生活が長くなると、転勤は避けることができないイベントの一つです。会社によっては、短い期間に何度も転勤を命じられるケースもあります。いわゆる「転勤族」の家庭は多く存在します。
転勤は一人でする場合もあれば、家族で一緒に移動をする場合もあります。転勤をする本人にとっては新しい職場に対する不安と期待がふくらむ一方、夫も一緒に引っ越しをする家族も不安を抱えるものです。夫の転勤についていく転勤族の妻の悩みや、悩みを解消する方法をご紹介します。

転勤族の妻の悩み

定期的な転勤は、新しい土地での出会いや発見などに期待がふくらむ一方で、さまざまな不安がよぎる方も少なくないでしょう。ここでは、転勤族が抱えがちな悩みについてご紹介します。

子供に与える影響が心配

転勤に伴う引っ越しで、一番心配になるのは自身の子供のことかもしれません。学校によっては教科書も、学習の進度も異なります。転校先の授業が、今の学校よりも進んでいると勉強についていけるのか心配になるでしょう。また、子供は周りに友達がいない中、ゼロから学校生活のスタートを切る必要があるため、周囲にうまくなじめるか、いじめられたりしないのか不安に思うこともあるかもしれません。

友達や頼れる人がそばにいない

知らない土地で周りに友達がいないのは、子供だけではなく親も一緒です。自分自身にも頼れる友達も親類もいない中で、再出発をしなければなりません。夫以外に誰も気軽に頼れる人がそばにいないという状況に、不安を覚える人も多いでしょう。

自分のキャリアが途切れる

夫の転勤に妻が同行した場合、妻が今の仕事をやめなければいけない可能性もあります。自身が望むキャリアを実現できる仕事に再就職できればいいですが、自身のキャリアが途切れてしまう可能性も少なくありません。
また、夫の転勤が頻繁にある場合、一人で家事に追われ、家族とのコミュニケーションに時間を割かれて会社の中でキャリアを積むことが難しい場面も出てくるでしょう。