赤ちゃんの夜泣きには薬が効果的?おすすめの薬を紹介

子育て中のママやパパが必ずといっていいほど悩まされるのが、赤ちゃんの夜泣きです。夜泣きがひどいと睡眠不足が続き、精神的にも体力的にもつらいと感じてしまうこともあるかもしれません。赤ちゃんの夜泣きに効果的な薬も販売されています。今回は赤ちゃんの夜泣きに効果的といわれているおすすめの薬や薬の注意点などについてご紹介します。

赤ちゃんの夜泣きについて

生まれたばかりの赤ちゃんや乳幼児は、夜中に目を覚まして泣くことがあります。突然泣き出したかと思えば、なかなか泣き止まず、かといってやっと寝てくれたと思ってもまた泣き出すといったことの繰り返しかもしれません。そもそも、夜泣きとはいつごろから始まるもので、原因や対処法はあるのでしょうか。

夜泣きは生後半年頃から始まるのが一般的

夜泣きとは、赤ちゃんが夜中に目を覚まして泣くことをいいます。個人差はあるものの、一般的に夜泣きは生後半年ごろから始まるといわれており、1歳半程度で落ち着く場合もあれば、5歳になっても夜泣きをする子供はいるもの。夜泣きをする期間は個人によってさまざまです。

新生児の場合は睡眠サイクルが大人のように規則的ではありませんから、浅い眠りが多く、夜中に起きてしまうことが多いといわれています。4~5歳になると、大人の睡眠サイクルに近づいていき、徐々に夜泣きも落ち着いていきます。

夜泣きの原因は?

夜泣きの原因は特定するのが難しいとされていますが、生活サイクルに乱れがあると、夜泣きにも影響するといいます。例えば、昼間に長い時間昼寝してしまったり、いつもと違う時間に食事をすることも、赤ちゃんにとってはストレスになる場合もあるといいます。また、寝室の温度が適切でなかったり、布団や衣服が肌と合わない場合も、夜泣きに影響するといわれています。

夜泣きに効果的な薬も!?

赤ちゃんの夜泣きの症状を緩和するための方法として、薬の服用があります。「赤ちゃんに薬を飲ませても大丈夫なの?」と心配になりますが、赤ちゃんでも安心して飲むことができる漢方薬などがあり、夜泣きの対策として役立てることができます。

漢方は、自然由来の成分で自律神経の不調を整える効果が期待できるため、大人でも服用する方は多いことでしょう。薬の効果は人によって異なるため、赤ちゃんの夜泣きの状態を見ながら薬を試していくのがいいでしょう。