そろばんで級を取るには?検定試験から競技大会をご紹介

そろばんを習う中で、子供がどれくらい上達したかを測る指標に「級」や「段位」があります。子供がせっかく学び続けているのであれば、級の取得にチャレンジしてみたいものです。今回は検定試験や競技大会についてご紹介します。

珠算能力検定試験とは

6級から1級までの試験内容

日本珠算連盟は、「珠算能力検定試験」を実施しています。試験時間は、すべて30分間。みとり算とは、足し算や引き算をそろばん上で行う計算のことです。

・1級 300点満点で240点以上

みとり算(10題)10口 100字   100点

かけ算(20題)   実法合わせて11けた      100点

わり算(20題)   法商合わせて10けた      100点

・2級 300点満点で240点以上

みとり算(10題)10口  80字 100点

かけ算(20題)   実法合わせて9けた        100点

わり算(20題)   法商合わせて8けた        100点

・3級 300点満点で240点以上

みとり算(10題) 10口  60字              100点

かけ算(20題)   実法合わせて7けた        100点

わり算(20題)   法商合わせて6けた        100点

・4級 300点満点で210点以上

みとり算(10題) 10口  50字              100点

かけ算(20題)   実法合わせて7けた        100点

わり算(20題)   法商合わせて6けた        100点

・5級 300点満点で210点以上

みとり算(10題) 10口  40字              100点

かけ算(20題)   実法合わせて6けた        100点

わり算(20題)   法商合わせて5けた        100点

・6級300点満点で210点以上

みとり算(10題) 10口  30字              100点

かけ算(20題)   実法合わせて5けた        100点

わり算(20題)   法商合わせて4けた        100点

(引用元:珠算能力検定試験|日本珠算連盟