おすすめの子供用折りたたみ傘5選!確認したい安全機能 ( 3 )

急な雨に対応できるように備えよう

株式会社プラネットが行った傘に関する意識調査で、傘を持って出かけようと考える意識と降水確率の関係を示した結果があります。


(参照元:意識調査Fromプラネット|vol.86傘に関する意識調査|株式会社プラネット

上図を見ると、降水確率が50%の時に、折り畳み傘を持っている人は全体の72.2%もいることが分かります。つまり、たとえ荷物になったとしても雨に濡れないことを重視しているわけです。

子供が学校に傘を持たずに行った時に雨が降ると、保護者は子供が帰宅するまで安心できません。濡れて帰宅すれば学用品が壊れてしまったり、病気にかかる子供もいるでしょう。

まさしく「備えあれば憂いなし」です。急な雨に対応できるように、降水確率を見て折り畳み傘をランドセルに持たせるようにしましょう。

参考
洋傘選びのポイント|JUPA日本洋傘振興協議会
子供傘についての大調査|適応身長表|株式会社オカモト
意識調査Fromプラネット|vol.86傘に関する意識調査|株式会社プラネット

この記事をかいた人

Ginamy

慶應義塾大学経済学部卒業。日商簿記検定2級・医科2級医療事務の資格保有。経理・一般事務を経験し、結婚を機に家庭に入る。3人の男の子のママライター。自身が中学・高校・大学・資格試験の受験を経験。育児・教育・書籍に関心。趣味は整理整頓・おしゃべり・K-POP・読書。地元少年野球部に参加する息子達を夫婦でサポート。子供の夢を叶えるべく、進学塾の通信講座受講での中学受験を目指し、家庭学習を支える。息子達がいてくれるからこその青春と感動と苦悩に感謝!