【大学生の留学】5つのメリットと留学のデメリットを避けるコツ5つ

高いお金を払って、時間を使って留学するのであれば、留学で得られるメリットを最大化したいと思うのは当然のことです。

今回の記事では、留学のメリットとデメリットを避けるためのコツをご紹介します。ぜひ子供の留学が、より有意義なものになるようにサポートしてあげてください。

留学するメリット5つ

留学をするメリットは数多くあります。異国の地で生き抜いていくだけでも、生活力がつきますし、語学力も高まるでしょう。その他にも、コミュニケーション能力の向上や積極性、交友関係の広がりなどがメリットとして挙げられるでしょう。ここでは、代表的な5つのメリットを詳しくご紹介します。

挑戦する力・積極性がつく

まず、留学をすることそのものが、挑戦心をはぐくむ経験です。そして、留学をしてからはゼロから人間関係を構築し、自ら学びに行き、交流をするなど、積極的な行動が必要になります。つまり、留学先で生活をするということは、挑戦する力や積極性をつける絶好の機会になります。

もちろん、挑戦する力や積極性は自動的に身につくものではありません。しかし、日本にいれば自分のことを理解してくれる家族・友人がいますが、留学先にはいません。そのため、積極的に行動を起こさなければいけない環境が整っていると言えるでしょう。また、これまでの人間関係とはまるで違った新しい環境に身を投じることで、いままでの自分とは違った挑戦がしやすくなるでしょう。

コミュニケーション能力がつく

留学するメリットの一つに、コミュニケーション能力が身につくことも挙げられます。コミュニケーション能力は、語学を操る言語能力だけではなく、「自分の意見を伝える」ことや「文化の違いを踏まえて会話する」ことなど、日本以外にルーツを持つ人との関係性をスムーズにしてくれます。

これは、グローバル化している社会に出たときにも役に立つ力だと言えます。海外の人と何の違和感もなくコミュニケーションすることができれば、視野も広がるでしょうし、キャリアの幅も広がるでしょう。

語学力が上がる

留学の目的の中でも上位にあるのが、語学力の向上です。現地の言葉を話す人に囲まれている環境は、語学力を向上させるのに適した環境です。

また、「自分の伝えたいことを上手に言葉で伝えられない」「相手の言っていることが理解できない」という経験を多く積むことで、語学力をさらに高める動機にもなるでしょう。

そして、自分の話していることが伝わったという喜びは、現地の言葉を話すという、確かな自信にもつながるはずです。

異文化理解ができる

留学をすることで、さまざまなバックグラウンドを持った人と交流することができます。アジア、北米、南米、中東、アフリカ、ヨーロッパなど、世界中から留学生が集まっている場所であれば、今まで知らなかったようなことを知ることができますし、今まで当たり前だと思っていたことに感謝することもあるでしょう。

また、留学すれば海外のことも知ることができますが、留学は日本のことも深く知る機会にもなるはずです。なぜなら、「日本ではどうなの?」と、会話の中で必ず聞かれるからです。「日本はどうなんだろうか?」「自分はどうなんだろうか?」と考えることで、より日本とは異なった文化を持つ人の考えを理解できるようになります。

交友関係が広がる

日本にいても交友関係を広げることはできますが、留学しないと直接会うことができない人もいます。例えば、日本には、アジア系の外国の方は多くいますが、アフリカやヨーロッパ、南米など地理的に遠い国や地域の人はどうしても少なくなります。

その点、留学生を受け入れている大学は、日本のみならず世界中から留学生を集めています。そんな世界中から集まった人たちと交友関係を持つと、留学中のみならず帰国後も国際的なネットワークを持つことができます。

1 2