運動会で使える人気の四字熟語は?組の色ごとに紹介!

運動会が近くなってくると、準備でいろいろと宿題が出ることもあるのではないでしょうか。クラスや色分けチームで四字熟語の標語を作ることになった子供たちのために、運動会に使えそうな四字熟語をご紹介します。

チームカラーにちなんだ四字熟語

色分け対抗戦になることが多い運動会。運動会で目にする組の色ごとに四字熟語を集めました。

赤・紅組の四字熟語

赤手空拳(せきしゅくうけん)

誰から手を借りることなく、自分の力だけで物事を行うこと。

武器を持たずに、素手で敵に向かっていくという意味から。

(引用元:「赤手空拳」(せきしゅくうけん)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

「徒手空拳(としゅくうけん)」とも近い意味を持つ四字熟語です。頑張ってトレーニングしてきた身一つで挑むという、自信に満ちあふれた標語になりそうです。

学校全体で紅白に分かれる運動会なら、「白兎赤烏(はくとせきう)」という四字熟語を全体の標語に立てることもできそうです。中国では、それぞれ月と日のことをさし、「時間」という意味があります。かけがえのない思い出の時間を作ろうという思いを込めることができそうです。

参考

「白兎赤烏」(はくとせきう)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

白組の四字熟語

雲中白鶴(うんちゅうのはっかく)

世俗を超越した、心の清らかな人のたとえ。

白い雲の中にいる白い鶴のことで、心が清らかで、気高く立派な人物をたとえた言葉。

(引用元:「雲中白鶴」(うんちゅうのはっかく)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

運動会では、スポーツマンシップも大事。正々堂々と戦うという意気込みを表すことのできそうな四字熟語です。

白は美しい・きれい・清廉潔白といった印象の強い色ですが、運動会らしい荒々しさを出したいなら「黒雲白雨(こくうんはくう)」などもいいかもしれません。

参考

「黒雲白雨」(こくうんはくう)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

黄組の四字熟語

黄道吉日(こうどうきちにち)

何をしても上手くいく、よい日。吉日。

(引用元:「黄道吉日」(こうどうきちにち)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

「黄」という色は金を想起させるため、幸先のよさそうな四字熟語がいくつかあります。金メダルとかけて「黄金時代」などを選んでみても良さそうです。ピックアップして紹介したのは、晴れの日を祝ってくれそうな「黄道吉日」という四字熟語です。

また、「黄白青銭(こうはくせいせん)」には、金貨・銀貨・銅貨という意味があります。それぞれメダルの色にかけて運動会で使えそうな熟語です。

参考

「黄白青銭」(こうはくせいせん)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

緑組の四字熟語

泰山梁木(たいざんりょうぼく)

立派で優れている人物のこと。

(引用元:「泰山梁木」(たいざんりょうぼく)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

四字熟語では、「緑」は「紅」や「白」とセットで使われやすい言葉です。そのため、緑を連想する四字熟語として、山や木が入っている「泰山梁木」をご紹介します。孔子が自分のことを指してよんだ歌の一部です。

青組の四字熟語

雨過天青(うかてんせい)

物事の悪い状況や状態がよい方向へ向かうこと。

雨が止み、雲がなくなり晴れ渡るという意味から。

(引用元:「雨過天晴」(うかてんせい)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

失敗したり、うまくいかなかったりすることがあっても、きっと最後にはいい結果が待っている! と思えそうな四字熟語です。春の運動会は気候が不安定なことも少なくありません。運動会当日の晴天を願って標語にするのも良さそうです。

そのほかにも「青天白日」など、青にはさわやかな印象の四字熟語があります。

桃・ピンク組の四字熟語

投桃報李(とうとうほうり)

仲の良い友人同士で、お互いに物を贈りあうこと。

または、自分が徳を施せば、必ず徳で報いるということ。

(引用元:「投桃報李」(とうとうほうり)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

運動が得意な子供もいれば、苦手な子供もいます。応援団で大きな声を出せる子供もいれば、声が小さい子供もいます。それぞれが得意なことで頑張ること、助け合うことはチームとして大切です。

それを贈り物に見立てて「投桃報李」という四字熟語を選びました。「李」とはスモモのことです。

かわいらしいイメージがある桃・ピンク色なので、「桃弧棘矢(とうこきょくし)」というちょっと鋭い印象の四字熟語を選んでもバランスがいいかもしれません。

参考

「桃弧棘矢」(とうこきょくし)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

紫組の四字熟語

運動会 四字熟語

紫電一閃(しでんいっせん)

刀剣などが稲妻のように一瞬きらりときらめくことから、一瞬や極めて短い時間のこと。

または、そのような少し時間で急激に変化すること。

(引用元:「紫電一閃」(しでんいっせん)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

黄色や白の印象が強い稲妻ですが、「紫電」というと稲妻のように鋭くきらめく剣の一撃のことをさします。「一撃必殺」などとイメージが近い、攻勢のときに元気が出るような四字熟語です。

橙・オレンジ組の四字熟語

回光返照(かいこうへんしょう)

自分本来の姿を振り返り、反省して修行すること。または、日が沈む前に夕日の照り返しで一瞬明るくなるということから、死の間際に息を吹き返すこと。

引用元:「回光返照」(かいこうへんしょう)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

「橙」という単語そのものが出てくる四字熟語は見つかりませんでした。橙色・オレンジ色というと、自然の中では夕日のイメージがあります。そこから、夕焼け空をもとにした四字熟語を選びました。「起死回生」とも似た意味があり、最後まで諦めずに頑張るという意味で使える熟語です。

黒組の四字熟語

黒貂之裘(こくちょうのきゅう)

非常に価値の高いもののたとえ。

(引用元:「黒貂之裘」(こくちょうのきゅう)の意味 | 四字熟語辞典ONLINE

「黒貂」とは高価な毛皮で知られるクロテンのことです。黒は非常にりりしいイメージがありますが、「暗黒時代」などマイナスなイメージで使われることも少なくない色です。黒の持つ良さを表すことができるような四字熟語を選んでみました。

そのほか運動会でよく使われる人気の四字熟語

色やクラスだけでなく、応援団ののぼりやプラカードなどにも四字熟語を使うことがあります。シチュエーションに合わせて使えそうな四字熟語を紹介します。

百戦錬磨(ひゃくせんれんま)

経験豊富で、鍛え上げられていることを指します。これだけ練習したんだから、本番はきっと大丈夫! と思えそうな標語です。

全力疾走(ぜんりょくしっそう)

短距離走やリレーのときなどに使えそうな四字熟語です。

一致団結(いっちだんけつ)

騎馬戦など、チームワークが必要な競技のときに使えそうな熟語です。応援合戦などにも合いそうです。

風林火山(ふうりんかざん)

風のように早く、林のように静かに、日のように激しく、山のように動じないという意味の風林火山は、臨機応変に物事にあたるという意味を持っています。赤を連想させる「火」が入っていますが、チームカラーに関係なく、使いやすい四字熟語にもなるでしょう。

まとめ

 

運動会で使える四字熟語をご紹介しました。誰もが意味を思い浮かべることができるものもあれば、調べてみて初めて知るものもあるのが熟語の世界です。

運動会は子供たちのコミュニケーション力や協調性、規範意識などが向上するきっかけにもなると言われています。さまざまな思い出が残る運動会のスローガンは、みんなが愛着を持てるものにするのが一番でしょう。子供たちには、この記事を参考にしつつ、自分たちでぴったりだと思える四字熟語を探してみるように伝えてみてください。

参考

応援幕や横断幕、団旗等によく使われる四文字熟語|旗・幕.com

児童の規範意識の発達に関する研究(2) : 運動会前後での規範意識の変化 | University of the Ryukyus Repository

運動会のスローガンを着よう!かっこいい四字熟語10選 | オリジナルTシャツプリントTMIX

運動会スローガンの面白い例-中学校以上は四字熟語や英語がオススメ | 【新】面白い雑学

この記事をかいた人

akahoshitomoka

piggiesagogoクロシェター・ライター。 オリジナルの編み物作品の作り方を販売しながらライターもしています。守備範囲はハンドメイドから不動産まで。三浦半島が好きです。