メイクアップアーティストになるには?メイクを追求する仕事とは?

メイクアップアーティストに子供が興味を持っていると、ご家庭では、どのような職業であるのか詳しく知りたいと思うでしょう。

一言にメイクアップアーティストといっても、その仕事内容は幅広く、就職先も多様です。世界で活躍しているメイクアップアーティストも多く、経験を積むことで、高収入も期待でき、やりがいを得られる仕事です。

今回は、メイクアップアーティストになるために知っておきたいこと、やりがいや魅力、必要な資格、就職先など詳しくご紹介します。子供がメイクアップアーティストに興味を持っているというご家庭は必見です。

メイクアップアーティストになるには

メイクアップアーティストとは、テレビや舞台、雑誌、結婚式場などで俳優やモデル、タレント、花嫁などさまざまな人にメイクを施す仕事。求められるメイクは、現場によってさまざま。依頼された要望通りにメイクをするメイクのスペシャリストといえるような存在です。

メイクアップアーティストのやりがい、魅力

メイクアップアーティストのやりがいや魅力は、仕事を理解する上で知っておきたいことの一つ。客の喜ぶ顔が見られる、さまざまな分野の人と出会えるなど多くのやりがいや魅力があります。

お客様の喜ぶ顔が見られる

メイクアップアーティストのやりがいは、お客様の喜ぶ顔を見られること。客の要望通りのメイクに仕上がった際は、変身した姿を見て喜ばるでしょう。それがメイクアップアーティストの何よりのやりがいとなっていくのです。

さまざまな分野の人と出会える

メイクアップアーティストは、さまざまな分野の人と出会える仕事です。テレビや舞台、雑誌、結婚式場など幅広い場所で仕事をし、ファッションや美容関係などさまざまな分野の人と出会うことで、メイクアップアーティストとしての新たな感性が刺激され、やりがいとなっていくでしょう。

メイクの奥深さを知ることができる

メイクの奥深さを知ることもやりがいの一つ。メイクには、ちょっとした工夫で仕上がりが変わるもの。研究する楽しさや面白さがあります。依頼に沿うような満足のいくメイクをするために、勉強が常に必要といえるでしょう。

新しい技術にチャレンジできる

メイクアップアーティストは、新しい技術にチャレンジできる仕事。メイクにははやり廃りがあり、新しいコスメやメイクにチャレンジし、技術を積極的に取り入れていく必要があります。そのため、メイクアップアーティストの仕事には、終わりがなく、斬新な色の組み合わせや味のあるメイクなど常に新しいことを追求し、開拓していく楽しさや面白さがあります。

メイクアップアーティストに向いている人の特徴

メイクアップアーティストに向いている人の特徴を知り、メイクアップアーティストという仕事への理解をさらに深めていきましょう。

メイクが大好き

普段からメイクをすることが好きで、メイクの研究やメイクを人にすることを苦と思わず、楽しみながらできる人は、向いているといえるでしょう。

新しいことに挑戦する意欲がある

メイクアップアーティストは、常に新しいメイク技術を取り入れ、実践していく仕事であり、新しいことに挑戦する意欲が必要であるといえます。努力していけば現場で最高のパフォーマンスをすることへとつながり、メイクを施した人の美しさを最大限に引き出すことにつながるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

メイクアップアーティストに、コミュニケーション能力は欠かせないもの。メイクをする際に会話の中で、その日のお肌のコンディションやメイクにおける悩み、希望、要望などを聞き出していくことは大切。客に合ったメイクをするには、円滑に会話を進めるコミュニケーション能力の高さが必要です。

体力に自信がある

重いメイク道具を持って現場に行き、長い間立っていることも多くあります。体力に自信があることは、メイクアップアーティストに必要な要素。体力勝負である面も多く、体力に自信がなければできない仕事であるといえるでしょう。