エステティシャンになるには?方法や仕事内容を紹介

美容に関心を持つ女性に人気なのが、エステサロンです。エステサロンではエステティシャンと呼ばれる美容のスペシャリストが、美容施術を行います。エステが好きという方の中には、「自分もいつかエステティシャンになりたい」と考えている方もいるかもしれません。今回は、エステティシャンになるにはどうしたらいいのか、仕事に就くための方法やエステティシャンの仕事内容について紹介します。

エステティシャンになるには?

エステティシャンになるには、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。エステティシャンは専門知識やスキルが必要ですから、プロとして活躍するためには学校に通ったり実践力を養う必要があります。エステティシャンとして認められるためにも、持っておくと有利な資格もありますし、エステティシャンに向いている性格について理解する必要もあるでしょう。

エステティシャンになるためのルート

エステティシャンになるためには、必須の国家資格や公的資格などはありません。未経験者や美容に関する資格がない方でも、エステティシャンになることは十分可能です。しかし、いきなり現場で即戦力になれるわけではありません。まずは以下の2つの方法を検討しましょう。

養成スクールへ通う

エステティシャンになるための養成スクールでは、エステティシャンに必要な知識や技術を学ぶことができます。学ぶ内容としては、エステの理論を学ぶ座学のほか、フェイシャル・ボディケア・脱毛などの技術を身につけるための講義などがあります。

カリキュラム終了後に試験に合格することで、認定資格を取得できるのが通うメリット。大学に通いながら学べる通信制もあるため、転職のための資格取得や、将来は美容業界で働きたいという方は、養成スクールに通うのがいいでしょう。

働きながら技術を身につける

未経験でも、エステサロンに直接就職することができます。エステ業界は人材不足とされ、未経験でも応募できる求人もあるため、養成スクールや専門学校などで学ぶよりも、まずは現場で必要な技術を学びたいという方は、求人に応募してみるのも一つの方法です。

もし就職できれば、養成スクールなどの学費がかからない上に、給料をもらえるメリットもあります。しかし、未経験の場合は一日も早く一人前のエステティシャンになるべく、研修を受け、積極的に勉強するなどし、資格取得を目指さなくてはならないでしょう。

エステティシャンの仕事内容

エステといってもさまざまな種類がありますが、エステティシャンの主な仕事内容は大きく分けると以下の2つです。

全身美容

エステでは、利用者にボディケアを中心とした施術を行い、肌の悩みや体の悩みを解決するサポートを行い、見た目も体もより美しくする「全身美容」を提供します。エステティシャンは体の状態や心の特徴を理解した上で、特別な技術や用具を用いて施術します。そこで大切になるのがカウンセリングで、顧客のニーズを聞き出しながら肌や体の変化を見極めることが求められます。

癒やしの提供

エステを利用する方の多くが、癒やしを求めているといっても過言ではないでしょう。エステティシャンはただ施術するだけでなく、お客様が満足するようなホスピタリティや癒やしを提供する必要があります。アロマの知識を生かして香りを使ったケアをしたり、会話で満足させたりするなど、エステが提供しているサービスも多岐に渡ります。エステティシャンはサービス業ですので、コミュニケーションスキルも必要になります。

エステティシャンの仕事に向いてる人の特徴

エステティシャンはボディケアの施術だけでなく、癒やしを提供することが仕事ですが、エステティシャンに向いている人はどのような特徴があるのでしょうか。

美容に関心がある

エステティシャンになくてはならないのが、美容に関心を持つことです。エステを利用する方の多くが美容に高い関心を持っているため、ときには施術中に美容に関する意見やアドバイスを求められることもあるかもしれません。美容に高い関心を持ち、お客様の悩みを理解し、適切なケアを施すことが可能になります。

人と接することが好き

エステに来る方の中には、エステティシャンとの会話を楽しみに来る方もいるかもしれません。ただ施術をするだけでなく、人と円滑にコミュニケーションを取ることができるのも、エステティシャンの特性の一つ。人と接することが好きで、人の役に立ちたいと願う気持ちも、エステティシャンにとって大事なことです。