【1日完結】簡単な小学生の自由研究|実験〜工作まで学年別にご紹介 ( 2 )

【小学5〜6年】簡単な自由研究のテーマ

最後に小学5〜6年生におすすめの、簡単にできる自由研究のテーマをご紹介します。小学4年生までと比べてさらに本格的な自由研究が求められますが、テーマ次第では1日で簡単に取り組むことができるのです。

(1)アルファ化米を作ってみよう

1つ目は「アルファ化米作り」です。水をかけるだけで食べられる状態にできるご飯のことで、家にあるものを使って作ることができます。

準備するものは、以下のとおりです。

  • ご飯茶碗1杯分(固めに炊いたものがいい)
  • 耐熱皿
  • ミトン
  • はかり
  • ざる
  • 電子レンジ

上記の準備物を使って、以下の手順でアルファ化米を作ることができます。

  1. アルファ化米にするご飯の重さを、はかりで量っておく
  2. 耐熱皿の上に1を薄く広げて盛る
  3. 電子レンジでおよそ5分間加熱する
  4. 5分経ったら取り出して、箸で混ぜて均一に加熱されるようにする
  5. 3と4をもう2セット繰り返す
  6. ご飯の様子を見て、さらに1〜3分加熱する。ご飯に透明感が出てくるまで加熱するといい。
  7. 電子レンジから取り出して、ざるにあけて軽く箸で混ぜる
  8. 7のご飯の重さを測ってみる
  9. 7に水を注ぎ1時間ほど置く。元のご飯のように軟らかくなるか試してみる。

手順1と8でご飯の重さを量ることで、加熱によって失われた水分の量を調べることができます。その際に失われた水分の1.5倍以上の水につけることで、元のご飯のような軟らかさに戻すことができるのです。

重さを調べたり水分の量を計算したりなど、理科や算数の知識を生かすことができます。あわせて「アルファ化米とは何か」を調べることができると、子供の知識を増やすことができるでしょう。

参考
アルファ化米をつくろう|HONDA

(2)マヨネーズを作ってみよう

2つ目は「マヨネーズ作り」です。普段何気なく食卓に並んでいるマヨネーズを、自宅にあるもので簡単に作ることができます。

準備するものは、以下のとおりです。

  • 卵黄
  • サラダ油
  • ボウル
  • ゴムベラなど

上記の準備物を使って、以下の手順でマヨネーズを作っていきます。

  1. ボウルに酢と卵黄を入れてかき混ぜる
  2. 1に少しずつサラダ油を加えながら混ぜる
  3. 混ぜ続けて白っぽくなってきたら、塩を入れて味を整える

「乳化」という現象を利用して、簡単にマヨネーズを作ることができます。市販のマヨネーズとの味の違いや、かき混ぜた時間、足したサラダ油の量などをメモしておいてまとめれば、レポートをより充実したものにできるでしょう。

参考
マヨネーズをつくろう!|ベネッセ教育情報サイト