お花見に必要な持ち物9選と子連れは持って行きたい便利なグッズ!

家族でお花見に行ったときに、大事な道具を持っていくのを忘れ、失敗した経験が一度はあるのではないでしょうか? 事前に持ち物をチェックしておけば、当日の朝や現地で慌てずに済みます。

今回の記事では、当日困らないための必需品と便利グッズをご紹介します。ぜひ事前の持ち物チェックに活用してください。

お花見に必要な持ち物リスト

最初に、お花見に必要な持ち物9つのリストを確認しておきましょう。

持ち物 必要な場面 必要度
レジャーシート・段ボール 準備
ガムテープ・マジック・大きめの紙 準備
お弁当 お花見中
飲み物 お花見中
紙皿・紙コップ・割りばし お花見中
ウェットティッシュ お花見中
トイレットペーパー・ぞうきん お花見中
小銭 お花見中
ゴミ袋 片付け

レジャーシート・段ボール

外でお花見をするなら絶対に忘れてはいけないのがレジャーシートです。お花見をする場所の混雑具合にもよりますが、家族全員がシートの上に座って、お弁当や飲み物を広げられる程度のスペースは必要です。

また、乳幼児の子供と一緒に行く場合は、途中で寝てしまうことも考えられるので、小さすぎるレジャーシートだときゅうくつになってしまいます。

地面が芝や草であればいいですが、ひんやりと冷たい土の上の場合も考えられます。そんなときに、クッション材兼断熱材として役立つのが段ボールです。レジャーシートの下に段ボールを敷けば、クッション性と温かさの2つの効果が期待できます。人が座る面積を考え、レジャーシートを持って行きましょう。

ガムテープ(布)・マジック・大きめの紙

レジャーシートをつあぎ合わせたり、「重し」にしたりすることができるガムテープは一つあると重宝します。布製のガムテープの方が粘着力が強く、手で簡単に切ることもできるのでおすすめです。

また、太めの油性マジックと大きめの紙も場所取りの際に活躍します。油性マジックは紙だけでなく、ガムテープに字を書くこともできますし、紙コップに名前を書くこともできます。一本あるだけでかなり助かります。

1 2 3