PTA・保護者会に来ていく服装は何を選ぶ?チェックすべきポイント4選 ( 2 )

シチュエーション別おすすめコーデ

私立小中学校ではきちんと感を重視

私立の小中学校やミッション系の学校は、ブラックやネイビーなど落ち着いた配食にししょう。コーデも学校の雰囲気に合わせて、コンサバティブなものがおすすめです。あらかじめドレスコードが設定されていたり、長年暗黙の了解として共有されているルールがある可能性もあり、事前の情報収集が欠かせません。

中でもおすすめなのは、同色のセットアップです。ブラックだと重くなりがちですが、ネイビーなら女性らしい上品さがありつつ、抜け感のある明るい印象を作ることができます。パンツスタイルは元気盛りの子供を持つ母にぴったりです。活発で軽やかな印象を与えます。ペプラムのトップスや白のブラウスを合わせれば、かわいらしい印象に仕上がります。

春や秋なら、清楚なデザインのワンピースもおすすめです。セレモニースーツのセットアップワンピースなら、デザインや袖、スカート丈も心配ありません。

どれもセミフォーマルに近いコーデですが、入学式や卒業式のようにパールやコサージュでドレスアップするのはNG。アクセサリーは控えめに、華美でないさりげないものを選びましょう。

ベージュなどの明るい配色コーデも素敵ですが、学校によっては周囲から浮いてしまう恐れも考えられます。私立小中学校での初めてのPTA総会・保護者会では、ブラックやネイビーを選ぶのが無難でしょう。

公立小中学校ではカジュアル感も大切!

近所の子供たちが通い、顔なじみのお母さんも多い公立の小中学校。私立小中学校のようなコンサバティブなコーデは、逆に近づきがたい印象を与えてしまうかもしれません。そこで全体としてはきちんとしつつもある程度カジュアル感のあるコーデ、いわゆる「きれいめカジュアル」がおすすめです。

きれいめカジュアルを作る上で大切にしたいのは、トレンド感と清潔感です。たとえばトレンドのワイドチノパンツに、とろみのある素材のブラウスを合わせれば、トレンド感のある清楚なカジュアルコーデが完成します。

女性らしいワンピーススタイルもおすすめです。素材がコットンやリネンのものはナチュラルで優しい印象になります。リボンなどでウエストマークすれば、スタイルアップもかないます。袖やスカート丈には注意が必要です。

会のあとに軽作業などがある場合には、動きやすいパンツスタイルがおすすめです。素材はデニムでも問題ありませんが、ハーフ丈やダメージのあるものは避けた方がいいでしょう。

役員さんはジャケットスタイルが◎

PTA役員に選ばれた場合は、壇上に立ったり保護者の前で発言することもあるかもしれません。念のため、ジャケットを着用したスタイルを選びましょう。

セレモニースーツや、働いているお母さんならオフィス用のスーツもいいかもしれません。落ち着いたネイビーやグレー、ブラックなら、頼れる役員さんを演出できます。また、女性らしいノーカラージャケットは、顔まわりがや優しい印象になります。

あくまで話し合いの場であることを考え、華美なアクセサリーやコサージュで飾ることは避けましょう。

男性はオフィスカジュアルがおすすめ

共働きの家庭が増え、男性の育児参加も積極的になっている現代では、お父さんがPTA総会や保護者会に参加する機会もあるかもしれません。その場合も、ある程度きっちりした服装にするのが大切です。

とはいえ、通勤用のセットアップスーツでは堅すぎる印象になり、普段着ではだらしない印象になってしまうことあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、オフィスカジュアルスタイル。カジュアルさがあり、IT企業や私服通勤が許されている企業で選ばれているスタイルです。

ジャケットにポロシャツ、チノパンツやスニーカーを合わせれば、抜け感のあるおしゃれなパパコーデが完成します。ただし、清潔感には注意が必要です。カジュアル寄りのアイテムを合わせるからこそ、できるだけくたびれた印象のないものを選びましょう。