新1年生の親必見!ディズニーなど人気キャラクターランドセルカバー8選

6年間使うランドセルを大切にしたいと思うのは親も子供も同じです。毎日使うからこそ、ランドセルを守ってくれるランドセルカバーにもこだわりたいものです。

当記事では、ディズニーやポケモンなどの人気キャラクターランドセルカバーを、女の子と男の子別でご紹介します。ぜひランドセルカバー選びの参考にしてみてください。

女の子に人気のキャラクターランドセルカバー

男の子用のランドセルカバーに比べて、女の子用のランドセルカバーは種類が多いため、どれにするか迷ってしまいます。ここでは、女の子に人気のキャラクターを5つ厳選して紹介します。

ディズニープリンセス

女の子が大好きなディズニープリンセスデザインのランドセルカバーは、通販サイトの楽天市場でも大人気です。選び方としては、ランドセルカバーのデザインを生かす選び方と、ランドセル本体の色合いやデザインを生かす透明のランドセルカバーを選ぶ方法があります。

ランドセルカバーのデザインをそのまま生かすなら、雪や雨に強くて洗濯できる布素材、その上、リバーシブルなラプンツェルのランドセルカバーがおすすめです。

アウトレット ランドセルカバー 女の子 リバーシブル ディズニー プリンセス ラプンツェル アリエル フリーサイズ (2種) かわいい 防水 はっ水 丈夫 耐久 汚れ防止 キズ 汚れ 着せ替え 洗濯 ランドセル カバー cover randoseru

ランドセル本体のデザインを生かしたいのであれば、ディズニープリンセスのシルエットが白く入ったランドセルカバーがおすすめです。ディズニープリンセスのロゴが入ったものや『シンデレラ』、『不思議の国のアリス』、『アナと雪の女王』などがあります。

ピンク、パープル、スカイブルーなど、プリンセスのキャラクターによってイメージカラーも異なるので、ランドセルに合った色合いを選んでみてください。

また、夜道で車のライトをそのまま反射させる再帰反射機能付きのランドセルカバーもおすすめです。特に日の短い冬の間は暗い夜道を歩くこともあります。「ティンカーベル」、「シンデレラ」、「アリス」の3種類のデザインがあり、色はそれぞれローズピンク、ブラウン、水色、春スミレの4色展開です。

プリンセスアリス

シンプルなランドセルにも、ちょっとおしゃれなランドセルにも合うのが『プリンセスアリス』のレース付きランドセルカバーです。

おすすめのポイントは、立体的なリボンとその下にある2本のレースです。リボンと枠の色はベビーピンク、ホットピンク、ブラウン、ペパーミント、パープルの5種類で、さまざまな色の
ランドセルに合わせることができます。

レース&ドットリボン ランドセルカバー 透明 女の子 (パープルLL)
プリンセスアリス

猫がデザインされたランドセルカバーは高学年になった5・6年生でも使うことができます。ピアノの鍵盤の上を黒猫が踊るデザインなので、ピアノを習っていて音楽が好きな女の子にはおすすめです。

かわいらしさを求めるのであれば、背景がピンクのデザインがおすすめ。シックに決めたいなら背景がブラックのデザインもあります。

また、背景が水色ベースの子猫のプリンセス柄も水色のランドセルとは相性がばっちりです。

ランドセルカバー 水色アーガイルと子猫のプリンセス (ランドセルカバー 女の子 ランドセル カバー 雨 撥水 かわいい おしゃれ セイバン 天使の羽 ラブピ モデルロイヤル ワンパ)

雨をはじくビニールコーティングがされているので、雨にも強く、生地も丈夫なので、長く使うことができます。

すみっコぐらし

隅っこにいると落ち着くというコンセプトの『すみっコぐらし』は、子供だけでなく大人にも大人気です。

そんな『すみっコぐらし』は、ランドセルカバーにもなっています。リバーシブルな上に洗濯もできるので長く使うことができます。全体的に淡い色のデザインなので、ランドセル本体も淡い色によく合います。

ランドセルカバー 女の子 リバーシブル すみっコぐらし ひょっこり ナチュラル フリーサイズ 2種 かわいい 防水 はっ水 丈夫 耐久 反射 汚れ キズ 着せ替え 洗濯 サンエックス ギフト プレゼント ランドセル カバー cover randoseru

スヌーピー

愛くるしい見た目から長く愛されているスヌーピーのランドセルカバーがあります。スヌーピーがドーナツの上に寝ているイラストがかわいらしいデザインです。

リバーシブルになっており、ホットケーキやドーナツ、クッキーなどが散りばめられたイラストもスヌーピーらしさが出ていて、落ち着くかわいらしさがあります。

こちらも撥水加工がされており、洗濯ができるので雨の日に汚れても安心です。反射板もついているので、薄暗い夜道でも車や自転車に気付いてもらいやすくなっています。