ランドセルの雨対策!男女別おすすめのレインカバー3選と選び方!

子供のランドセルが雨で濡れたり汚れたりするのを防ぐにはレインカバーが必要です。レインカバーにもさまざまなデザインや機能があり、どれを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

この記事では

・ランドセルカバーの種類の解説
・男女別 人気のランドセル用レインカバーの紹介
・レインカバーを選ぶときの注意点
・レインコートもおすすめ

について詳しく解説していきます。

6年間使うランドセル。雨にや汚れがつかないようランドセルを保護しましょう。

ランドセルを雨や汚れから守るカバーは3種類

ランドセルを保護するカバーは3種類あり、それぞれ用途が違います。日頃の汚れや傷から守ってくれるカバーや、雨の時に付けるカバー。素材も牛、革、コードバンがあります。用途によって使い分けることが大切です。

ランドセルカバー

ランドセルカバーは日ごろの汚れ・傷からランドセルを守ってくれます。防水性のランドセルカバーが一般的ですが、ランドセル全体を覆うカバーではありません。雨が降ってもカバーをしている部分は防水ですが、ランドセルの横から雨が中に入ってくる場合があります。

なので、強い雨が降っている時にランドセルカバーだけだと中に水が入り教科書などが濡れる心配があります。

レインカバー

レインカバーは雨が降った時にランドセルを覆いかぶせる役割を持つカバーです。子供でも簡単に装着・収納できるものが多く、防水性に優れています。しかし、ランドセルだけをカバーするため、小学生の子供は濡れてしまいます。

ランドセルにレインカバーをかけ、傘をさすのが一般的です。

ランドセルもすっぽり入るレインコート

雨の日にランドセルを背負ったまま着ることができるので、子供とランドセルが濡れる心配はありません。傘をさす必要もないため、両手が使え登下校時には安心です。
ポンチョタイプや上下が分かれているものがあります。