海外留学で利用できる奨学金をご紹介!自治体や民間奨学金も解説

子供が海外留学を希望しているとき、心配になるのが留学の費用でしょう。当記事では、海外留学で利用できる奨学金を外国政府、地方自治体、民間の団体が行っているものまで解説します。

独立行政法人日本学生支援機構の奨学金

日本で大学に進学する際、利用する人が多い独立行政法人日本学生支援機構の奨学金ですが、実は海外留学する際に利用できる奨学金も用意されています。

海外留学支援制度(協定派遣)

日本の大学や大学院などが、在籍学生を海外の大学をはじめとした高等教育機関へ8日以上1年以内の期間派遣するプログラムを実施する際、派遣の要件や資格を満たしている学生に対して奨学金で支援する制度です。

渡航先の国によって月額6〜10万円の奨学金が利用できます。また、一定の家計基準を満たしている学生には渡航支援金として16万円が支援されます。

参考
海外留学奨学金(日本学生支援機構)|独立行政法人日本学生支援機構

海外留学支援制度(学部学位取得型)

協定派遣とは異なり、4年間の大学生活を海外留学するという人が利用できる制度です。留学先の地域によって月額59,000〜118,000円(2018年度実績)の奨学金を利用することができます。

利用するにあたっては家計状況はもちろん、高校までの成績や下記のような英語や語学レベルの基準が設けられており、これらをクリアする必要があります。

①留学先大学での主たる使用言語が英語である者
応募締め切りから過去2年以内に受験した英語能力試験の得点が、TOIEC iBT(Internet-based Test)の得点が80点以上、又はIELTS 6.0(Academic Module)以上の基準を満たす者
※留学先大学が求める英語能力にかかわらず、上記基準を満たしていることが応募の条件となります。

②留学先大学での主たる使用言語が英語以外である者
応募締め切りから過去2年以内に受験した主たる使用言語の語学検定が、ヨーロッパ言語参照共通枠(CEFR)B2レベル以上である者

(引用元:海外留学奨学金(日本学生支援機構)|独立行政法人日本学生支援機構

海外留学支援制度(大学院学位取得型)

大学院へ海外留学する場合、学士とは別に奨学金の制度が用意されています。留学する国によって月額89,000〜148,000円(2018年度実績)を利用することができます。また別途授業料も支給されることがあるようです。利用にあたっては、家計や成績、語学能力の基準のほか、年齢制限も設けられています。

参考
海外留学奨学金(日本学生支援機構)|独立行政法人日本学生支援機構

トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムの奨学金

文部科学省が行っている2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」について解説します。

日本代表プログラム大学生等コース

このプログラムに日本代表として採用されると、奨学金がもらえる以外にも留学の事前事後に手厚い支援プログラムが用意されているなど、留学における支援を受けることができます。下記の4つのコースが用意され、書類審査と面接審査を通過することで採用されます。

COURSE1:理系、複合・融合系人材コース
COURSE2:新興国コース
COURSE3:世界トップレベル大学等コース
COURSE4:多様性人材コース

(引用元:日本代表プログラム 大学生等コース|トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム

日本代表プログラム地域人材コース

都道府県や政令指定都市または中核市の産学官が連携し、海外での実践的な留学と国内の企業などでのインターンシップを組み合わせた独自のプログラムです。留学で学んだことを地域社会に生かすところまでがセットの実践的な内容となっています。

プログラムに採用されると、奨学金、留学準備金、授業料が支給されます。すべての地域で実施されているという訳ではないため、どのような地域でプログラムが実施されているかは確認する必要があります。

参考
地域人材コース|トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム

外国政府等の奨学金

海外留学 奨学金
留学先の国の政府機関などで用意されている奨学金を利用することもできます。

デンマーク政府奨学金

デンマーク政府が学士、もしくは修士号を持っている人を対象にして実施している奨学金の制度です。面接や書類審査にとおれば6,500デンマーククローネ(日本円にして約11万円※2019年3月現在)の奨学金と大学での学費が免除となります。支給額だけなら日本の奨学金よりかなり手厚いです。

参考
Japan|Ministry of Higher Education and Science

フランス政府給費留学生

フランス政府では政府給費留学生(文系)となった場合、すべての留学生に給費生に700ユーロの留学手当が支給されるほか、下記のとおり留学する過程によって下記の滞在費が支給されます、

Licence課程およびMaster1に登録する場合:月額615ユーロ
Master2に登録する場合:月額767ユーロ
Doctorat課程に登録する場合:月額1060ユーロ

(引用元:フランス政府給費留学生制度|在日フランス大使館

※Licenceとは学士課程のこと
※Masterは修士課程のこと
※Doctoratは博士課程のこと

中国政府奨学金

中国の国費奨学生に採用されると、学費と大学の寮費、総合医療保険料が免除になるほか、生活費として下記の金額が支給されます。

a.本科生:月額 2,500元
b.普通進修生:月額 3,000元
c.碩士研究生:月額 3,000元
d.博士研究生:月額 3,500元
e.高級進修生:月額 3,500元

(引用元:中国|海外留学支援サイト

奨学生の採用は書類と面接選考があるほか、外国人体格検査表の提出が求められます。

地方自治体の奨学金

自分が住んでいる地域の自治体が進学者向けに奨学金制度を整えているところもあります。

海外留学支援奨学金(宮城県)

仙台都市圏での創業や地場企業などに就職し、通算36ヶ月勤務することで奨学金返還が全額免除となるのが、仙台市が実施している「海外留学支援奨学金」です。ほかの奨学金との併用もできるため、留学資金を要因に渡航を諦めている人には嬉しい奨学金です。

宮城県内の大学に通っている学部生か修士課程に在籍する人が対象であり、書類・面接審査によって4名程度選抜されるようです。

参考
海外留学支援奨学金|公益財団法人仙台市産業振興事業団

「埼玉発世界行き」奨学金(埼玉県)

埼玉県が用意している奨学金です。学位取得コース、地域活躍コース、高校生留学コースの3コースが用意されており、いずれも面接や書類によって選抜が行われます。

学位取得コースであれば年間100万円支給されます。また、この3コース以外に「埼玉発世界行き 冠奨学金」として企業や民間団体とコラボレーションした奨学金も用意されています。

参考
留学生支援|グローバル人材育成センター埼玉

民間企業・団体の奨学金

民間企業や団体が実施している奨学金制度もあります。

アジア次世代指導者奨学金プログラム

アジア地域への留学を支援してくれる奨学金プログラムです。奨学生として採用されるには留学先となる大学ごとに指定された応募書類を作成・送付し、大学側で選考が実施されます。学費や入学金はもちろん、宿舎代に生活費、また奨学生として参加しなければならない「Summer Enrichment Program」にかかる費用なども奨学金で賄われます。

参考
AFLSP奨学金の内容について|日本百賢アジア研究院

経団連グローバル人材育成スカラーシップ奨学金

日本経済団体連合会(通称:経団連)が実施している奨学金制度です。30人程度と採用人数も多く、また1人に対して100万円の奨学金が支給されます。

ただし、募集対象校が下記の61大学に限られているため、子供が在籍している大学で利用可能かどうかは事前に確認する必要があります。

(参照元:経団連グローバル人材育成スカラーシップ|株式会社ディスコ

終わりに

海外留学をするにあたっては、ここまでご紹介した以外にもさまざまな団体で用意されている奨学金制度の利用を検討することができます。子供が海外留学を検討し始めたら、同時に利用できる奨学金はないかリサーチを始めると良いかもしれません。

参考
海外留学奨学金(日本学生支援機構)|独立行政法人日本学生支援機構
トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム|文部科学省
Ⅱ 地方自治体奨学金|海外留学支援サイト
Ⅳ 民間団体奨学金|海外留学支援サイト

この記事をかいた人

ニーガタのオーモリ