小学校から高校までの一貫校!桐光学園小学校の歴史や受験の特徴とは

50年以上の歴史を持つ桐光学園。幼稚園から高校まで最大15年間の一貫教育を受けることもできます。充実した教育カリキュラムで心ある子供への成長を期待できるでしょう。桐光学園小学校の歴史、教育の特徴、入学情報、進学実績などについてご紹介します。

桐光学園小学校とは

桐光学園小学校の歴史

桐光小学校は、以下のような歴史をたどってきました。

1965年小塚光治により川崎みどり幼稚園(現 みどり幼稚園)を開園
1972年学校法人桐光学園 認可/寺尾みどり幼稚園を開設
1978年高等学校 第一期生入学
1982年中学校第一期生入学
1991年中学校・高等学校に女子部設置
1996年桐光学園小学校 開校
2001年小学校開校5周年記念式典を挙行  6学年そろう
2008年小学校開校12周年記念式典を挙行
2016年小学校開校20周年記念式典を挙行

(引用元:沿革|桐光学園小学校

幼稚園の設立からは50年以上経っている歴史のある学園です。

建学のこころ・校訓

建学のこころを掲げたのは、創立者の小塚光治。喜び、怒り、感激といった感情が起こる心のふれあいは、教師と生徒の間、生徒同士の間で火花となって起こります。この火花のおかげでお互いの心を打ちとけさせることができます。教室や団体訓練、クラブ活動において、この火花で心を鍛え上げるのが教師の務め。全職員が一丸となり、生徒たちの心を打ちとけさせ、素直な心、優しい心、感動できる魂、個性を引き出していくのが桐光学園です。

校訓は3つに分かれます。

意志 強い意志を持ち、何ごとも最後までやりとげよう。
表現 自分の思いを伝え、他者との関わりを深めよう。
感謝 家族や友達を大切にし、感謝する心を持とう。

(引用元:建学の心・校訓・教育目標|桐光学園小学校

意志、表現、感謝の3つの校訓をとおして、子供同士、子供と教師、保護者を含めての人と人のつながりを大切にしています。最後までやり抜きとおす意志、相手を思いやった気持ちを伝える表現、自分を支えてくれる家族や友達への感謝、3つが人とのつながりを深めてくれます。

教育内容の特徴

12年の一貫教育

桐光学園では、小学生から高校卒業まで12年間の一貫教育を行っています。小学校6年間では、「確かな学ぶ力」「意志・表現・感謝」の3つの心を土台に、中学校、高校へと進学していきます。それぞれの学校、学年の役割を次のように決めています。

小学校では、集団生活の楽しさを知り友達とのつながりを学びます。1人1人の好き・得意を見つけて自信をつけたり、自己理解と他者理解を深めたり、夢の実現のために努力するといった側面から成長させていきます。

中学校では、1年生で人間関係形成、2年生で自己と他者、3年生で自己と社会への学びを深めます。高校では、1年生で自己と社会参加、2年生で自己を見つめる、3年生で自己実現に向けて学んでいきます。

家庭とのつながり

教師と保護者が子供の活動を見守ることを大切にしています。運動会、マラソン大会、収穫祭、もちつき会などの各種行事では、父母会の行事委員の協力で充実した行事になっています。子供たちは保護者の存在に気づき、「見てくれている」「応援してくれている」「笑顔でいてくれる」ことを実感できると、前向きなチャレンジをしていけます。行事だけでなく、普段の生活から教師と保護者が協力して、子供をサポートしていきます。

収穫祭では、6年生が農園で育てたジャガイモを使い、カレーを作りました。もちつき会では、3年生が農園で育てた大根と、実際にお餅をついてお雑煮を作りました。保護者球技大会では、年2回バレーボール大会を実施して、保護者や教員同士の交流を深める機会となりました。

魅力的な授業内容

桐光学園小学校ならではの幅のある授業内容を実施しています。
英語では、低学年で歌やチャンツをとおして英語に親しみ、中学年で64種類400語の英語かるたを使って英語を学び、高学年ですべて英語の授業を実施して、中学英語の基礎力やコミュニケーション能力を養います。

総合学習では、農園活動とコンピュータ学習を中心に学びます。農園活動では、1年生でテラスでの栽培体験、2年生で農園の作物栽培への移行と、ステップアップして栽培学習を進めます。土に触れ、農作物の成長との関わりを通じて、心のゆとりや優しさを身につけるのが狙いです。3年生からは、コンピュータ学習がスタート。ワードやペイント、パソコンの基本操作を進めます。4~5年生でワードでの栽培活動記録、6年生でパワーポイントによる研究発表を行います。

書写では、全学年で硬筆、4年生以上で毛筆の授業を行います。硬筆では、ひらがな、カタカナ、漢字のバランスや形を考えて書きます。毛筆の授業では、書道専門の教員が担当。筆の持ち方、運び方を学び、文字1文字ごとの理解を深めるのが特徴。これらの授業以外にも、うさぎの飼育、表現、知的財産、カウンセラーといった特色ある授業を実施しています。

2019年度最新版!桐光学園小学校の入学情報

桐光学園小学校

入学試験について

受験情報

2回にかけて募集を実施しますが、基本的に第1回の募集で多くの入学者が決まります。第1回の応募によって、1学年72人(男子36人、女子36人、内部進学者を含む)を募集。第2回の応募で若干名を募集します。

試験内容

試験内容は下記のとおりです。

    • ペーパーテスト(約45分間)

出題範囲 図形・数量・常識・推理・思考・お話・模写・記憶など

    • 集団行動観察(約30分間)

遊び目的の道具を作り、その道具でみんなと遊ぶ

    • 個別絵画工作(約25分間)

塗り絵、はさみ、のりなどを使った工作

    • 面接(保護者のみ)

2人の面接官から志望理由や子供の成長、しつけ、教育方針などについて

入学難易度

2017年10月の試験結果
受験者数 男子117名、女子71名、合計188名
合格者数 男子49名、女子52名、合計101名
倍率 男子2.4倍、女子1.4倍、合計1.9倍

2018年10月
受験者数 男子120名、女子56名、合計176名
合格者数 男子48名、女子49名、合計97名
倍率 男子2.5倍、女子1.1倍、合計1.8倍

(引用元:桐光学園小学校|お受験じょうほう

学費などの諸経費

こちらは、2018年度の諸経費です。

入学時(4月までに必要な費用)
入学金 230,000円
父母会入学金 10,000円
施設費 280,000円
施設拡充寄付金 100,000円以上(※任意)

入学後に年間で必要な費用

  • 授業料 558,000円(※空調費込み)
  • 父母会費 18,000円

(引用元:桐光学園小学校|お受験インデックス

小学校卒業後の進路状況

12年間一貫校のため、ほぼ全員が小学校から中学校、高校へと進学します。
2018年度の大学入試の結果は下記のとおりです。

東京大学6名(内現役4名)をはじめ国立難関大学に多数合格 国立大学医学部医学科に現役で6名が合格

今春卒業した38期生は私学の定員厳格化による合格者の絞り込みがあるなか、 よく健闘してくれました。国立難関大学には東大4名、一橋大2名、東工大1名、東北大4名、北海道大3名、お茶の水女子大2名など多数現役合格することができました。国立大学医学部医学科にも過去最高の現役6名(東京医科歯科・弘前・秋田・山形・筑波・佐賀)の生徒が合格を勝ち取りました。
その他の国公立大学においても横浜国立大9名、首都大学東京15名、筑波大8名、東京外国語大4名などで国公立大学合計92名の合格がありました。私立大学においては早慶上智の合格数が129名で、なかでも慶應大の合格数は昨年を8名上回る48名の合格でした。MARCH理科大では明治大の84名をはじめ総合格者数は315名でした。

(引用元:合格・進学実績|桐光学園小学校

終わりに

「心のつながり」を重視して、各種行事、総合学習やカウンセラーといった幅のある授業を展開している桐光学園小学校。充実した教育環境の中で保護者自らが学校と協力すれば、子供の心の成長を見られそうです。入学への興味があれば、詳しい学校説明の資料請求や願書の取り寄せをしてみてはいかがでしょうか。

参考
ホーム|桐光学園小学校
合格・進学実績|桐光学園小学校
桐光学園小学校|お受験じょうほう
桐光学園小学校|お受験インデックス
桐光学園小学校(神奈川県川崎市麻生区)の口コミ | みんなの小学校情報

この記事をかいた人

okamoto

okamoto