作文の題名の書き方・つけ方を解説!タイトルで読者を惹きつけよう!

作文を書いたときに、作文の題名で悩むことはないでしょうか?読んでみたいと思わせるタイトルの付け方は、プロの作家でも非常に悩むそうです。今回は作文の題名をつけるときのコツをご紹介します。また原稿用紙の基本的な書き方のルールもまとめました。親子で参考にしながらぜひ学校の宿題などに活かしてください。

原稿用紙への題名の書き方

原稿用紙に作文を書くときには、題名の書き方にルールがあります。何事も最初が肝心なものです。押さえておきたいルールを3つご紹介します。

最初の行に3マス空けて題名を書く

題名を書くときは、2~3マス空けて題名を書きます。中には最初の1行を空ける場合もあります。長い題名の場合などで1行で書ききれない場合は、改行して1マス空けてから書くようにしましょう。

(引用元:作文の題名の付け方は?かっこいい例はコレ!中学生でもタイトル名人に|流行ニュース速報発信局

名前は題名の隣に書く

名前は、題名からさらに行を変えて、下が1~2マス空くように書きます。題名とは異なり、名前は下から1~2マスなので注意してください。また、姓(せい)と名の間も1マス空けて書きます。さらに名前の上も1マス空けるようにして、学年を書きましょう。

本文を名前の後に書いていく

名前まで書くことができたら、本文を書いていきます。基本的に名前の後に行を空ける必要はありません。上から1マス空けて、本文を書いていきます。