アドラー心理学を子育てに生かすコツとは?おすすめの学び方!

アドラー心理学を子育てに生かすコツとは?おすすめの学び方!

子育ては楽しいことよりも苦労の方が圧倒的に多いといっても過言ではありません。マニュアル通りにいくはずもなく、頭を抱えてしまうお母さんも少なくないでしょう。そんなときに多くのヒントを与えてくれる心理学があるのを知っていますか? 当記事では子育てに悩むお母さんに参考にしていただきたい、アドラー心理学について解説します。

アドラー心理学とは

叱られたり、褒められたりして育った人は、叱られたり、褒められたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を、敵だと思うようになるのだ。
(アルフレッド・アドラー)

アドラー心理学というのは、1800年代後半から1900年代前半にかけて活躍したアルフレッド・アドラーが導き出した心理学のことです。心理学としては異質ともいわれていますが、一般の人からすると取り入れやすいイメージです。

フロイト・ユングと並ぶ心理学者

今でこそ、子育てに関わらずさまざまな分野で注目されるようになったアドラー心理学ですが、フロイトやユングなどのほかの心理者とは違う個性的な心理学であったため、心理学の第1人者と呼ばれながらも賛否両論があったようです。

世界的に有名で心理学を学ぶ人は、まずフロイトやユングを学びます。これに対してアドラーは、少し視点が違っていました。専門的なことよりも一般の人よりの心理学だったために、あまり注目されませんでした。

勇気の心理学

子育てにおいて「叱る」ことは大切とされていましたが、アドラー心理学では「叱らない勇気」を推奨しています。一時期、叱らない子育てが注目されて多くの人が実践しましたが、アドラー心理学の「叱らない子育て」とは、放任するのではなく、子供を尊重することを前提としています。失敗を責めて叱るのではなく、できたこと、取り組んだことを評価するのです。

課題の分離

親は「親として振る舞わなければならない」と必要以上に意識しすぎていないでしょうか。親が子供を大切にし、いとおしく思うのは自然なことですが、親子でも踏み込みすぎてはいけないラインがあります。例えば、子供に何らかの課題を与えたとき、それを子供の意思で怠けたり忘れたりしたとします。通常は「なぜきちんとしないのか?」と叱りますが、課題の分離として考えたときは叱らずに放置しておくのがベストなのです。

子供に与えられた課題は、親のものではなく子供のもの。子供が助けを求めてきたときは別ですが、それ以外は子供が率先して課題に取り組むのを見守るのも大切なのです。

アドラー心理学に学ぶ子育て3つの実践ポイント

アドラー心理学に学ぶ子育て3つの実践ポイント
アドラー心理学は子育てに役立つことがたくさんあります。実際にアドラー心理学を取り入れ実践するにあたり、どこに注意していけばいいか、そのポイントをご紹介します。

怒らない、褒めない

「怒らない子育ても褒めない子育ても、どちらにも問題がある」というイメージがあります。悪いことをしたら叱る、上手にできたら褒めるのも子育てには必要とされていますが、アドラー心理学ではあえて怒らない、褒めないを実践します。怒るのも褒めるのも、親目線で判断することです。親の言うとおりにしないと怒る、言うとおりにしたら褒めるというスタンスは、理にかなっているように思えますが、親の顔色を見て行動する可能性が高くなります。

これでは子供のやる気をそぎ、自主性も養われません。アドラー心理学は、怒らないし褒めないものの、その代わりに勇気づけをして子供のやる気を導くのです。押しつけではなく、自然に導くというのがポイントです。

比べない

子供が自分の思いどおりにならないとき、ほかの子供と比べてしまうことがあります。親にも個性があるように、子供にも個性があります。人と比べられるのは誰だっていい気はしませんし、まして自分の親がほかの子供を褒め、自分を叱ったりけなしたりしていると感じたら子供はどう思うでしょうか? もともと自分と他人は違っているのだから比べても意味はない、それがアドラー心理学の考え方です。

失敗経験を積ませる

子供にはつらい思いをさせたくない、いつも笑顔でいてほしいと思うのも親心です。何かにトライして失敗すると、子供が落ち込むのではないかと思い親が先回りして失敗しないようにする、これもよくある話です。しかし失敗からも学ぶことは多く、一度も失敗しないまま成長しても果たしてそれが子供のためになるのでしょうか?

アドラー心理学では、あえて失敗経験を積ませ、そこから学べるよう親が導くのがいいとされています。完璧な人間などいませんので、親自身が失敗してもいいと考え方を変えるのも大切です。失敗を責めず、トライした勇気を褒めてあげるのです。

アドラー心理学の子育てに生かす方法

アドラー心理学を知れば知るほど、子育てに役立つことが多いのを実感できるといわれています。アドラー心理学は今までの子育ての常識を覆す部分も多いので、最初は戸惑うことも多々あります。メリットは多いですが、うまく子育てに生かすためにどうしたらいいかをご紹介します。

初心者向け書籍を読む

アドラー心理学を子育てに取り入れるにあたり、書籍を参考にするといいでしょう。子育てに悩むお母さんに向け、アドラー心理学を分かりやすく解説している書籍が多くあります。

アドラー心理学についてのおすすめ書籍

書籍にもいくつか種類はありますが、どのようにアドラー心理学を子育てに取り入れるのかだけでなく、親がどう考え、どう行動し、どう子供を導いていけば良いのかというヒントがたくさん書かれています。

心理学と名がつくと、難しい内容と思ってしまう人もいるでしょう。しかし、アドラー心理学は個人向けの心理学なので、比較的分かりやすいです。それでも心理学がよく分からないという方は、分かりやすく解説されている初心者向けを選ぶといいでしょう。

アドラー心理学を実践しているママブログを読む

子育てにアドラー心理学を取り入れるメリットが多いことから、実践しそれをブログで紹介している人も大勢います。実践しているからこその説得力もありますし、壁にぶつかったときにどう対処したかなども紹介されているのでとても参考になります。

アドラー心理学実践者のおすすめブログ
アドラー心理学 イライラしない、すくすく子育て

ブログなら難しい内容も少なく、読者に分かりやすく書かれています。ママ目線の考えや子供目線での行動など、同じ子育てをするママとして共感する部分も多いのではないでしょうか。アドラー心理学を取り入れたことによって、親と子供にどんな変化があったかも参考にできます。ブログにはどの説を参考にしたかなども紹介されているので、アドラー心理学を実践しているママブログを探してみてはいかがでしょうか。

アドラー心理学子育てセミナー・講座に出る

書籍を参考にするのもメリットはありますが、それだけでは不安という人も少なくないようです。特に周囲に相談できる人がいないと、書籍だけでは物足りないと思ってしまいます。そんなときは、アドラー心理学子育てセミナーや講座に参加してみるのもいいかもしれません。

地域による違いがあるものの、無料で行われるセミナーや講習があります。同じ悩みを抱えるお母さんやお父さんが集まりますし、子連れでも参加できるので安心です。会場では直接講師から話を聞けますし、質疑応答の時間を設けてあるので直接疑問や悩みを相談できるのもメリットです。会場で親子同士が知り合うきっかけにもなるので、悩みを共有できるのは心強いでしょう。

おすすめのイベント検索サイト
こくちーずProcPRO

まとめ:アドラー心理学を子育てに

アドラー心理学を子育てに

アドラー心理学は子育てに役立つ内容が多く、実際に子育てに取り入れ実践し、効果を実感している人は少なくありません。初めての人にとっても比較的取り入れやすい心理学といえます。

子育てに悩む人に向けた書籍もあり、インターネットでアドラー心理学を実践している子育てブログを参考にしてもいいでしょう。今までの常識からすると違和感もあるかもしれませんが、子育てのヒントはたくさん隠されています。ぜひ、チェックしてみてください。

この記事をかいた人

笠巻 昇太