授業参観におすすめの服装は?コーディネート例やポイントをご紹介!

幼稚園や小学校の授業参観は、子供の学校生活を垣間見ることができる絶好の機会です。授業参観では、入学式や卒業式のようなフォーマルな服装をする必要はありませんが、カジュアルすぎる服装も好ましくありません。この記事では、授業参観や保護者会での服装について、注意すべきポイントやおすすめのコーディネートをご紹介します。ぜひ、洋服選びの参考にしてください。

授業参観の服装の選び方

父親編

男性は、PTAなどの係にあってかしこまった服装をしなければならない場合を除き、スーツである必要はありません。ジャケットにスラックス、ポロシャツにチノパンなどのキレイめカジュアルなスタイルがおすすめです。シャツやパンツにしわや汚れがないよう、清潔感のある服装を心がけましょう。

母親編

女性の服装のポイントは、普段よりワンランク上のおしゃれをすることです。しかし、ドレッシーな洋服やフォーマルなスーツはふさわしくありません。授業参観は、他の保護者と話をすることができるいい機会です。清潔感があり、親近感を感じさせるコーディネートにしましょう。

授業参観の服装で気をつけたいポイント

素足は控える

学校内では、靴からスリッパなどの屋内用の履物に履き替えます。素足は避け、ストッキングや靴下を着用しましょう。

露出は控える

男性のタンクトップや短パン、女性のノースリーブやミニスカートなどといった、肌の露出が多い洋服は避けましょう。

派手な服装は避ける

授業参観の主役は子供です。蛍光色や激しい柄などの派手な洋服や、スタッズなど装飾が華美な洋服は避けるようにしましょう。

アクセサリーは着けすぎない

アクセサリーを着けること自体は悪いことではありませんが、たくさん着けすぎて華美になりすぎないようにしましょう。また、重ね着けをしてジャラジャラと音が鳴ると、授業をさまたげる恐れがあります。アクセサリーはシンプルで控えめなものを選びましょう。

動きやすい服装

授業参観では、保護者が工作などの授業に参加することがあります。一緒に作業をしたり、子供用の小さい椅子に座ったりする可能性があるので、動きやすい服装がおすすめです。また、教室や体育館、校庭などを移動し、寒暖差に耐える必要がある場合があります。冬場はいつでもアウターを着られるようにしましょう。

カジュアルすぎない洋服

ジャージ、過激なプリントのTシャツ、ダメージジーンズ、ショートパンツなど、カジュアルすぎる服装は避けましょう。

【お悩み別】授業参観におすすめのコーディネート


それでは、授業参観には具体的にどのようなコーディネートがいいのか、写真付きで女性のコーディネートをご紹介します。体型などの悩みも解決できるようなコーディーネートを選びました。ぜひ自分に合った服装を選んでください。

二の腕をカバーしたい

(出典:異素材Vネックブラウス×クロップドセミワイドパンツコーデ|セシール
二の腕をカバーするためには、ふんわりした袖のトップスがおすすめです。柄物のトップスを選ぶと、目線を散らして腕のシルエットを目立たなくすることができます。華美な柄は避け、ドット、ストライプ、小花柄などシンプルな柄にしましょう。

(出典:UR STYLE|URBAN RESEARCH
キャンディースリーブのトップスは、二の腕を隠すことができるのでおすすめです。手首が出るものを選ぶと、よりすっきりした印象になります。きゃしゃなデザインの時計やブレスレットを合わせると、女性らしさが演出できます。洋服が明るい色の場合は、小物は黒でまとめ、フォーマルな印象を出しましょう。

お腹周りをカバーしたい

(出典:フラワープリントフレアースカート|IENA-BAYCREW’S STORE
お腹が隠れる長めのトップスは、お腹周りをカバーするのにおすすめです。ボリューム感のあるトップスの場合は、落ち感のあるレーヨンなどの素材のボトムスやスキニーなどのコンパクトなシルエットのボトムスを合わせるとバランスがとれます。

(出典:Andemiu|[.st]
ウエストマークしてあるボトムスは、気になるお腹周りから視線をそらすことができるのでおすすめです。さらに、柄物のスカートを選ぶと、より体型が目立ちにくくなります。柄物のボトムスの場合は、服装全体の色合いを2色から3色にとどめ、小物の色を統一するとコーディネートにまとまりが出ます。

下半身をカバーしたい

(出典:ビジューポンチジャケット×セットアップコーデ|セシール
足全体をカバーするためには、ワイドシルエットのパンツがおすすめです。ウエストにタックが寄っているパンツは、気になる太ももをうまく隠してくれます。アウターが長い場合は、トップスをインしてバランスをとりましょう。

(出典:スカラップ衿ニット×花柄スカートコーデ|セシール
フレアなスカートは、体型を目立たせないので、太ももからふくらはぎまでをカバーするのにおすすめです。ボリューム感のあるボトムスの場合は、鎖骨と手首が出る細身のトップスを合わせ、重い印象にならないようにしましょう。

背の低さをカバーしたい

(出典:ワンピースコーデ|セシール
ストラップのワンピースは、縦のシルエットを強調することができるので、背が低い方や全体をすっきり見せたい方におすすめです。同布のリボンや細いベルトでウエストをブラウジングし、自分の身長に合わせて着こなしましょう。髪型は、すっきりとまとめ髪にするとバランスが良くなります。

(出典:LOWRYS FARM|[.st]
ロングのカーディガンやアウターは、縦のラインを強調できるので、背の低い方におすすめです。トップスをインしてトップスの見える面積を減らすことで、スタイルアップすることができます。合わせるボトムスは、テーパードやスキニーがいいでしょう。

顔周りをすっきり見せたい

(出典:ニットプルオーバー×ジャカードスカートコーデ|セシール
Vネックのトップスは、首を長く見せる効果があり、顔周りをすっきりと見せてくれます。濃い色のトップスを選ぶと、より小顔効果があります。シンプルなピアスやネックレスを合わせると華やかな印象になります。


(出典:apart by lowrys|[.st]
首にストールやスカーフを巻くと、顔回りを華やかに見せることができます。スカーフを合わせる場合は、他をカジュアルダウンしてバランスをとりましょう。髪型は、ふんわりアレンジするよりも、ダウンスタイルかシンプルに1つにまとめるのがおすすめです。

プチプラでおしゃれに見せたい

(参照元:STYLING BOOK|UNIQLO
ユニクロは、流行り廃りのないデザインの洋服が多くあります。オフィスカジュアル向けのシンプルで品の良いアイテムは、授業参観のコーディネートにおすすめです。また、サイズ展開が豊富なので、自分に合ったサイズを選ぶことができます。

(出典:LOOK BOOK|GU
GUは、低価格ながらもトレンドを抑えたアイテムが多いです。カジュアルなデザインが多いですが、シャツやブラウスにシンプルなボトムスを合わせると、授業参観のコーディネートにも使えます。

終わりに

授業参観の服装は、トレンドを抑えるなど頑張っておしゃれをする必要はありません。学校へ訪問するという意識を持ち、清潔感のある服装にしましょう。もしも迷ってしまった場合は、よりシンプルな方、より無難なものを選ぶと間違いないはずです。

参考
授業参観で要注意!気をつけるべき親の服装&NGマナー|All About
小学校の授業参観、服装の選び方ってどうしたらいいの?パパ&ママ編|mamari
【小学校】授業参観・保護者会の服装何がいい?失敗しない服選びのポイント!|BRAVA
子供の授業参観に相応しい服装とは?浮かないコーデをご紹介!|codefile

この記事をかいた人

yoko_abe