【中学理科】定期テストや高校受験対策に使えるおすすめの問題集

中学理科は、生物・物理・化学・地学の4つの分野からなり、得意不得意が生じやすい教科でもあります。苦手意識を持つ子供も多いですが、目的に応じて適切な問題集を使い、学習を続けていけば高得点を狙える教科であるとも言われています。

当記事では、定期テストや高校受験対策に使えるおすすめの問題集をご紹介します。子供のレベルに合ったものを使用し、理科の成績アップに役立ててください。

もくじ

定期テスト対策におすすめの問題集

中学教科書ワーク 啓林館版 未来へひろがるサイエンス 1年(文理)

学校の教科書に準拠した問題集です。重要語句の一問一答や、定期テスト頻出の定番問題といった基本的な問題によって構成されています。字が大きく、テストで出やすい図やグラフなどもカラーで見やすく作られているので、理科に苦手意識を持つ人でも取り組みやすいでしょう。

くわしい理科 中学1年~中学3年 新訂版 (文英堂)

授業の補足や定期テスト対策に使える問題集です。テストでよく出題される図や表、グラフなどがカラーで詳しく掲載されているので、目からもしっかり学ぶことができます。また、基本事項をおさえながら記述問題に対応できる応用力を養うことも可能です。

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/28 04:29:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2020/09/28 04:29:34時点 Amazon調べ-詳細)

中学1年・中学2年・中学1~3年 理科 ハイクラステスト: むりなく高い学力がつく(増進堂・受験研究社)

標準・応用・難関と3つのレベルで構成された問題集です。難しい問題を解きたい人、定期テスト対策と一緒に私立難関校入試対策をしたい人など、教科書レベルを超えた実力を養いたい人におすすめです。標準レベルまで解ければ学校の定期テスト対策は万全です。それ以上の実力を養いたい人は、応用や難関レベルに進むようにしましょう。