勉強するのにおすすめの場所は?場所ごとのメリットデメリットを紹介

子供が宿題や勉強をするようになった時に問題となるのが、勉強する場所です。子供の学習効率が上がるようにするために、勉強のおすすめの場所は、どういったところなのでしょうか?子供の学習場所のメリットデメリットやおすすめの勉強場所の活用術をまとめました。

リビング

近年、教育雑誌などでも推奨されているリビング学習。東京ガス都市生活研究所による都市研究レポート「子どもの勉強実態と親の意識」では小学生の8割、中学生の5割がリビングで宿題をしています。ただし、受験勉強や定期試験などのために勉強する部屋は子供部屋の割合が高いという結果でした。年齢とともにリビング学習よりも子供部屋での学習の割合が増えています。

メリット

リビング学習のメリットは親が勉強をみてあげたり、分からないところを教えたりできることです。また子供の学習習慣が定着していない場合、勉強しているかいないかを親がチェックできるということも大きなポイントです。

デメリット

リビング学習のデメリットは、リビングには雑多なものが置いてあることも多くてどうしても子供の気が散りやすいため、勉強に適した環境づくりが必要という点です。リビングにはテレビなどもあると同時に、周囲の会話や料理や掃除といった家事の音が気になる子供もいるでしょう。さらに兄弟がいると集中しにくく、ゲームのような誘惑もあります。