【AO入試】評定平均はAO入試の合否には関係があるの?

AO入試の拡充等、2020年から大学入試が大きく変わります。当記事ではAO入試での評定の合否への影響や、合格するためのポイントなどについて解説します。今後はこれまでの学力主体の入学試験から、学力だけでは測れない「学力の三要素」を重視した試験が大きなウエイトを占めることになります。

AO入試で評定平均は合格に影響する?

AO入試は学生の個性や実績などを評価対象とし、学力だけで合否を判定するものではありません。しかし希望する大学によってはペーパーテストの結果や日々の学習の結果である評定平均も合否決定の対象となります。そこで評定平均と評定平均が合否にどの程度影響するのかを見ていきましょう。

評定平均の出し方

評定とは課題や定期考査の結果を教科ごとに評価したものです。評定は学生や保護者に通知される通知表、受験の際の調査書(内申点)として用いられます。

評定平均は教科ごとに評価された点数を足し、全教科数で割って平均化した数値のこと。小数点第二位を四捨五入して求めるので「3.5」、「4.2」などと記録されます。大学受験では高校1年生から3年生の一学期までの評定平均が確かめられます。そのため日々の課題の進捗や定期考査の結果が重要になります。

まずは選考基準として定められているかがポイント

評定は選考基準として定められている場合があります。慶応大学や早稲田大学など有名な大学では学部によって評定平均4.0を求められることも。また専門的な教育を重視する大学では、特定の教科の一定以上の評定が必要な場合があります。

大学はその教育目標やアドミッション・ポリシーによって最低限の知識レベルを持っていることを条件としています。入試要項をよく確認してみましょう。

評定平均が低すぎる場合は不利になりやすい

選考基準に評定平均が記載されていない場合は、高校生活での活動や実績、希望大学ごとのアドミッション・ポリシーに基づいた志望動機などが重視されます。

しかし評定平均が全く関係ないとはいえません。同じような実績・活動内容、面接での印象も申し分ない2人の学生のどちらかを評価する場合、やはり評定平均が合否に関わってくる可能性があります。あまりにも評定平均が低すぎると、やはり不利になるものです。

評定平均を上げるポイント

評定平均は主要5科目の他に、家庭科や体育などの副教科も含まれます。大学受験を目指すとつい、主要5科目ばかりに集中してしまいがちです。しかし評定平均は全教科の平均値を指します。副教科の課題を期日通りに提出する、試験でもきちんと点数を取るなど地道なことに手を抜かないようにしましょう。小さな積み重ねですが着実に評定は上がっていきます。