勉強の進め方からレビューまで!高校でおすすめの生物参考書6選

生物は、苦手な人と得意な人とに大きく分かれがちな科目です。苦手意識を持ってしまっていても、参考書や勉強の進め方次第で、特に変えやすいのが生物です。高校生におすすめの生物参考書6冊を特徴やレビューを交えながらご紹介します。

高校生物でおすすめの参考書6選

宇宙一わかりやすい高校生物(生物基礎)

解説がていねいで、なんと一冊400ページに上る参考書。至るところにイラストや図を用いてビジュアル化してあるため、苦手な学生でも手をつけやすいでしょう。生物基礎の説明と、問題集の2冊構成になっています。説明の冊子を読むと、問題集のどこに取り組めばいいか記載されています。

created by Rinker
¥1,598 (2019/07/15 22:58:16時点 Amazon調べ-詳細)

レビューも紹介します。

東進自体はイラストやレイアウトは良いが、説明は簡素。大森徹のセンター対策本は非常にわかりやすいが網羅性に欠ける。しかしこの参考書はイラストやレイアウトは当然のこと、内容も非常にわかりやすく網羅性も十分。文系にもお勧めできますね、若干オーバーワーク気味な部分もあるけれど

(引用元:宇宙一わかりやすい高校生物(生物基礎)|Amazon

視覚でとらえるフォトサイエンス 生物図録

生物を文章で覚えようとすると、すぐに集中力が途切れてしまう学生におすすめなのがこの1冊。写真やイラストでさまざまな資料をビジュアル化しています。ほかの参考書と併用して、イメージでしっかり内容を理解したい場合に使えます。センター試験や二次試験では、写真やイラストを使って出題されることが多いものです。適宜活用しましょう。

created by Rinker
¥1,220 (2019/07/15 22:58:16時点 Amazon調べ-詳細)
レビューでも、写真やイラストを用いた同書の見やすさを強調する声があります。

高校生物では副教材に図録を採用する学校も少なくありません。生物で学習する内容に関するカラーの写真やイラストで、教科書の記述を補ってくれます。この数研の図録はそうした副教材の定番の一つです。その内容の豊富さからすれば、決して高いものではありませんので、副教材に図録の採用の無い高校の生徒さんの生物学習をサポートする書籍としてお勧めです

(引用元:視覚でとらえるフォトサイエンス 生物図録|Amazon

1 2 3