【拓玉産大】の偏差値や評判、各大学の特色を大公開!

「拓玉産大」という言葉をご存知でしょうか? 関東在住で、大学受験を経験した方は耳にしたことがあるかもしれません。

今回の記事では、関東の私立大学群である「拓玉産大」について、偏差値や評判だけでなく、各大学の特色を詳しくご紹介します。ぜひ、お子さんの進路選びの参考にしてください。

拓玉産大とは?

拓玉産大とは、関東にある私立大学群の呼び名で、読み方は「たくたまさんだい」です。

拓殖大学
玉川大学
産業能率大学
大正大学

拓玉産大は、上記の4大学の頭文字を1文字ずつ取ってできたものです。

拓玉産大の偏差値

拓玉産大の偏差値は、おおよそ40~50の間です。玉川大学は教育学部は人気が高く、教育学部の偏差値は50~55あり、他の3大学よりも頭一つ出ている状態です。

学部や学科によって違いはありますが、関東の私立中堅どころの大学群と言うことができるでしょう。

拓玉産大に近いランクの大学

拓玉産大の偏差値を他の大学と比べてみると、関東では大東亜帝国(大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学)、関西では摂神追桃(摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学)と同程度です。

拓玉産大と少し下のランクの大学には、関東中流(関東学院大学、東京国際大学、中央学院大学、流通経済大学)があります。

また、拓玉産大よりも上のランクの大学には、関東では日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)、関西では産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)があります。

拓玉産大の評判

インターネット上では「誰でも入ることができる大学」と言われることもありますが、玉川大学の教育学部のように偏差値が私立中堅大学の「日東駒専」と変わらない学部や学科もあります。

また、偏差値だけで見ると難関大学ではありませんが、それぞれの大学に特色があり、自分の希望する学部があり、制度やカリキュラム、雰囲気などが合っていると感じるなら受験の選択肢に入りうる大学です。

拓玉産大の特色

拓玉産大の概要に触れたところで、各大学がどのような特色を持っているのかを詳しくご紹介します。