教員免許を取得するのに有利な通信制大学とは?教員を目指す心構えも

教員免許を取得するのであれば、子供の状況に合わせた通信制大学を活用するのが便利でしょう。今回は、教員免許を取得できる通信制大学、取得方法、通信制大学の選び方などについてご紹介します。

教員免許を取得できる通信制大学

明星大学 通信教育部

こちらの大学は、すべての学校種に当たる18種類の教員免許状を取得できます。教員への採用状況をみると、2015年度は370名、2016年度は353名、2017年度は385名の正規採用者がいて、年々増加しています。採用試験に向けて、ガイダンスから1次試験(教職教養、専門教養、論文)と2次試験対策のプログラムを受けられます。
基本的に単位習得方法は決まっていて、一度履修してから修得方法を途中で変えることはできないのが一般的です。しかし、明星大学通信教育部では、受講科目によって「レポートと試験」と「スクリーニングとレポート」を途中で切り替えられます。柔軟な修得スタイルでより確実に単位を取得できます。科目修了試験は、全国57ヶ所で受験可能。また、教員採用試験対策講座を無料で受けることができます。

創価大学 通信教育部

こちらの大学では、教員採用試験の合格者数が16年連続で100名以上に達し、累計合格者数は2017年3月度時点で約3,200名に上ります。多くの教員採用試験合格者数を輩出したノウハウが蓄積されています。取得できる教員免許は、「幼稚園教諭一種・二種免許状」「小学校教諭一種・二種免許状」。教員採用試験に向けては、対策講座を実施しています。八王子市にあるキャンパスでは、教職キャリアセンターを設置しており、面接指導や論文指導、進路相談などに乗ってくれます。
スクリーニングは、夏季と秋季に八王子のキャンパスで開催しています。ただ、八王子市だけでなく、全国12ヶ所でメディア授業をリアルタイムに受講して、スクリーニング単位を修得できるようになっています。

星槎大学 共生科学部

こちらの大学では、幼稚園から高校、特別支援学校などすべての教員免許状を取得できます。教育の特徴は、「100%の実習巡回指導」。教育実習中、指導員が47都道府県のすべての実習校に訪問して、学生に指導します。実際に、2017年度には稚内や宮古島、石垣島をはじめ100校以上を訪問しました。
毎年春季と秋季に教員採用試験の対策講座を実施しています。内容は、小論文や模擬面接、模擬授業などの指導。自己分析をして、短所の克服方法と長所の生かし方を学びます。学内では、個別にに指導員がつき、履修のサポートしてくれます。この指導員は、各科目の教員や事務局とコミュニケーションを取って、目標達成に向けてサポートしています。
スクリーニングは、全国20ヶ所で開催。教室での講義と、TV会議システムの映像講義の2種類の講義を用意しています。