エイプリルフールに告白した・された場合はどうなるの?

1年に1度だけ、公認で嘘をついていい日が4月1日のエイプリルフールです。人によっては、「次のエイプリルフールに告白をしよう」と考えている方もいるのではないでしょうか。ただ、エイプリルフールの告白が本当にうまくいくかどうか、気になると思います。当記事では、エイプリルフールに告白した側、された側、両方の対応についてご紹介します。

そもそもエイプリルフールとは

起源はいくつか存在する

「公認で嘘をついていい日」であるエイプリルフールの起源は、さまざまあります。有力な説は、主に2つです。それはフランス説とインド説です。
フランス説は、それまで3月25日を新年として、4月1日に春の祭りを開催していたのを、シャルル9世が1月1日を新年にすると発表しました。人々は反発して、4月1日を「嘘の新年」としてバカ騒ぎをしたそうです。怒ったシャルル9世は、抗議した人民を罰し、ある少女を処刑したのです。その少女に対する哀悼や事件を風化させないために4月1日を「嘘の新年」として祝うようになった、という説です。
インド説では、4月1日を「揶揄説」と呼んでいました。春分から3月末までインドの修行僧は悟りの修行を行います。修行後すぐに迷いが生じるために4月1日を「揶揄説」として、物事を揶揄する日に定めたようです。

午前中だけ1日ウソをつける

現代の日本では、2人に1人が4月1日に嘘をつくくらい、エイプリルフールは浸透しています。また、日本のエイプリルフールは「午前中限定」という暗黙の了解があるようです。嘘を午前中について、午後にはネタ晴らしをするのが一般的なようです。そのため、告白をするなら午後、という理由はここから来ているようです。