千葉日本大学第一小学校の歴史や教育の特徴、受験の準備までご紹介! ( 3 )

小学校卒業後の進学状況

中学校への進路では、学園内での進学のほかに、江戸川学園取手、昭和学院秀英、巣鴨、成蹊、専修大学松戸、高輪、海城、栄東、芝浦工業大学柏、芝、渋谷教育学園幕張(特待含む)、東洋英和女学院、函館ラ・サール、法政大学第二、本郷、開成、学習院女子中等科、共立女子、早稲田、東京学芸大学附属竹早、県立千葉、秀光中等教育学校、東邦大学附属東邦、江戸川女子、桜蔭などへ進学しています。

その後、内部進学した生徒のほとんどは、高校進学の際、ほとんどが日本大学第一高等学校、千葉日本大学第一高等学校に進学しています。

また、大学への進学では、日本大学のほかに、電気通信、東京海洋、東京外語、横浜市立、慶應、早稲田、上智、東京理科、学習院、星薬科、東京薬科など、お茶の水女子、千葉、北海道、東京医科歯科、日本大学(附属推薦)、日本大学(短大、附属推薦)、千葉、横浜国立、早稲田、上智、東京理科、学習院、明治、青山、立教、中央、法政、東京医科、東京女子医科、中央、明治、立教、青山、法政、東京歯科、日本歯科など多くの学校に進学しています。

おわりに

千葉日本大学第一小学校では、日本大学の付属学校として小中高大学までの学習の土台を築く場所です。学習だけでなく、友情を深めて一生の友達がつくれ、学校や家庭、社会との関係を良好に保ち、充実した学校生活を送ることができます。

子供の基礎学力や創造力を伸ばして、国際的なマナーをも身につけられる教育を提供したければ、千葉日本大学第一小学校への進学を検討してみてはいかがでしょうか。

参考
千葉日本大学第一小学校|お受験じょうほう
千葉日本大学第一小学校|お受験インデックス
千葉日本大学第一小学校|Wikipedia
ホーム|千葉日本大学第一小学校

この記事をかいた人

okamoto

okamoto