【6歳編】子供が誕生日のメニューで喜ぶアイデアレシピを紹介

6歳といえば、幼児を卒業し、小学校に入学して学童期に移る時期です。身の回りのことはほとんど自分でできるようになり、食事の量も落ち着いてくるでしょう。また、個性が確立しつつある6歳児ですが、誕生日のメニューは何が喜ばれるのでしょうか。今回は、6歳の子供におすすめの誕生日のメニューについて紹介します。

6歳の子供が喜ぶ誕生日お祝いのポイント

6歳の子供といえば、「お兄さん」「お姉さん」とも呼ばれる年頃でもあります。誕生日のメニューについても、親子で一緒に考えることができるようになってきたでしょう。それでは、まずは6歳の子供に喜ばれる誕生日のメニューのポイントについて紹介します。

食べたいものを子供に聞いてみよう

自分で食べ物の好みをはっきりと自覚していることが多い6歳児。誕生日のメニューは「何が食べたい?」と子供に聞いてみましょう。サプライズで驚かせたい場合は、あらかじめ子供の好きなメニューについてリサーチすれば、誕生日当日にメニューについて悩むこともなくなります。誕生日の日は子供の好きな料理を積極的に取り入れて献立を考えるようにしましょう。

食べ物だけでなくプレゼントも一緒に渡そう

6歳の子供の場合は、誕生日の食事メニューだけでなく、プレゼントなどの演出も考えるとより喜ばれることでしょう。食事を楽しんだ後で、サプライズとして誕生日ケーキと一緒にプレゼントを渡せば、誕生日の食事が特別な思い出として記憶に残るかもしれません。例えばキャラクターのケーキを用意する場合は、一緒にキャラクターモチーフのプレゼントも渡せば、パーティームードもいっそう盛り上がることでしょう。