どう祝う?ひな祭りの初節句!お祝いの方法、お祝い返しを徹底解説

ひな祭りは女の子の健康を願って厄払いをする日です。特に初節句は大事なイベントとされてきました。ひな祭りをどうお祝いしたら良いのか、お祝いの方法とお祝いのお返しの方法などをまとめました。

ひな祭りの初節句、なぜ祝う?

ひな祭りは、桃の節句と言われています。元々は中国から伝来した「上巳の節句」と平安時代の貴族の子供たちの遊び「ひいな遊び」が混じって、できてきた習慣と言われています。なぜ、初節句をお祝いするのでしょうか。

医療が発達していなかった昔は、子供たちが大きくなる前に亡くなってしまうことがありました。ひな祭りは、ひな人形に子供の厄を移して厄祓いをする意味があります。平安時代には、紙のひな人形で子供の体をさすり、子供の厄を移して川に流す「流し雛」の風習も行われていました。

「子供たちが健康で無事に大人へ成長しますように」という願いを込めて、生まれた赤ちゃんの初節句を盛大にお祝いしてきたのです。

1 2 3