どう祝う?ひな祭りの初節句!お祝いの方法、お祝い返しを徹底解説

ひな祭りは女の子の健康を願って厄払いをする日です。特に初節句は大事なイベントとされてきました。ひな祭りをどうお祝いしたら良いのか、お祝いの方法とお祝いのお返しの方法などをまとめました。

ひな祭りの初節句、なぜ祝う?

ひな祭りは、桃の節句と言われています。元々は中国から伝来した「上巳の節句」と平安時代の貴族の子供たちの遊び「ひいな遊び」が混じって、できてきた習慣と言われています。なぜ、初節句をお祝いするのでしょうか。

医療が発達していなかった昔は、子供たちが大きくなる前に亡くなってしまうことがありました。ひな祭りは、ひな人形に子供の厄を移して厄祓いをする意味があります。平安時代には、紙のひな人形で子供の体をさすり、子供の厄を移して川に流す「流し雛」の風習も行われていました。

「子供たちが健康で無事に大人へ成長しますように」という願いを込めて、生まれた赤ちゃんの初節句を盛大にお祝いしてきたのです。

お祝いは何をする?

ひな祭り、初節句のお祝いは何をするのでしょうか?

初節句では、子供の健やかな成長を願って家族や親戚で集まってお祝いの御膳を囲むのが、昔の習わしでした。今は少しずつ形が変わってきています。

初節句のお祝いにどんなことをするのか見てみましょう。

ひな人形を飾る

ひな祭りになくてはならないものが、ひな人形です。ひな人形は、子供の厄を祓うためのもの。初節句から子供が大きくなるまで、毎年ひな祭りに飾るものです。

ひな人形が子供の厄を移して、厄祓いをするものなので、親から次の世代へと受け継ぐよりは新しいものを購入しましょう。購入が難しい場合は、引き継いだひな人形の女雛と男雛のみを新しくすると良いでしょう。

昔は女の子が生まれたら、母方の実家からひな人形を贈るという習慣がありました。しかし、現在はそのような決まりはなく、両家の祖父母で話し合って、どのように購入するのか決めるのが良いでしょう。

昭和の時代は、一軒家に住む家庭が多く、大きく立派な7段飾りが主流でした。現在はアパートやマンションに住む家庭が多いこともあり、7段飾りよりは、女雛と男雛が並ぶ親王飾りが人気になっています。ガラスやアクリルケースに入っており、収納スペースを取らないように工夫されています。

家庭のスペースに合った飾りやすいひな人形を選ぶと良いでしょう。

親戚からの贈りものには、ひな祭りに飾ることができるわらべ人形や市松人形、名前旗などを贈ると喜ばれるでしょう。

ひな人形は、立春に飾ることが一般的ですが、遅くとも3月3日の1週間前までに飾ります。雨水の日(2月18日前後)や大安の日もひな人形を飾るのに縁起が良い日とされてます。

料理を食べる

ひな祭りの初節句には、家族や祖父母、親族を招待してひな人形と子供を囲みながら食事をしましょう。一緒に食事を囲むことで子供の厄祓いと成長を祈願します。

本来はひな祭り当日にお祝いするものですが、「宵節句」とも言われるひな祭りの前の晩に開催することでもできます。ひな祭りが平日で家族が集まるのが難しい日程のときは、「宵節句」に集まってお祝いするのも良いでしょう。

お祝いの料理は、「腰が曲がるまで長生きしますように」と願いが込められた海老、「将来が見とおせますように」という意味があるレンコンなどが使われたちらし寿司。貞操の象徴でもあるはまぐりを使ったお吸い物は、「夫婦仲睦まじくいられますように」「良い縁に恵まれますように」との願いが込められています。ちらし寿司は刺身やいくらなどを使って豪華に見せられるので、ひな祭りの定番メニューとなっています。

厄逃れのために、ひな祭りのお祝いの席で、あずきを使った赤飯を振る舞う地域もあるようです。

平安時代には、桃の花の入った桃花酒を飲む習慣がありました。現在は米をみりんで発酵させた白酒か、甘酒を飲みます。子供も楽しめるように甘酒で乾杯するのも良いでしょう。

最近では、レストランで初節句の食事プランを用意しているところもあります。子供向けの離乳食や記念撮影できるサービスなどを実施しているお店も。家での会食が難しい場合は、レストランや料亭を利用するのも便利でしょう。

初節句の食事会に招待されたときは、お祝いの品に合わせて菱餅やひなあられなどひな祭りらしいものを手土産に添えると良いでしょう。

記念の写真撮影をする

ひな人形を折角綺麗に飾るのですから、初節句やひな祭りの記念に、雛人形と子供の写真撮影をするのもおすすめです。

毎年の記念に撮影していけば、子供の成長記録になっていきます。

写真スタジオでは、ひな祭りに合わせた撮影会を実施しているところもあります。ドレスや十二単などの衣装をレンタルすることもできます。撮影の7段飾りを用意しているスタジオも多いので、自宅で撮影するのとはまた違った写真を撮影できるでしょう。

また、ひな祭りに撮影した写真をお祝い返しと一緒に送ると喜ばれるでしょう。

お参りをする

神社では、人生儀礼として初節句の参拝を受け入れているところがあります。
子供の健やかな成長を願って神社を参拝して、祈祷や祝詞をあげてもらうのも良いでしょう。

生後0~2ヶ月以内で初節句を迎える場合は?


ひな祭りの初節句のお祝いはしたいけれども、子供がまだ小さいという親もいらっしゃるでしょう。

生後0~2ヶ月以内で初節句を迎える子供は、翌年に繰り越すことが多いです。新生児は手がかかることも多く、母親の体調もまだ安定していない時期です。赤ちゃんは、長時間の宴会に耐えることができず、大人もゆっくりと食事を楽しむことができないでしょう。

まだ子供が小さいときには、無理に初節句を開催せずに次の年に開催する方が無難でしょう。

お祝いのお返し方法は?

ひな祭りの初節句のお祝いに、お祝い金やお祝いの品をもらうことがあります。お祝い金のお返しはどうしたら良いのでしょうか。お祝い返しの方法についてまとめました。

親族の場合

親族の方からお祝いを頂いた場合は、初節句の食事をふるまうことでお返しとします。家やレストランでの会食に招待しましょう。

遠方でどうしても招待できない人がいる場合は、もらったお祝い金額の3分の1から半額程度の菓子折りなどをお返しをしましょう。

内祝いをもらった場合

友人から内祝いをもらった場合は、初節句でのお返しの必要はありません。しかし、お祝い返しが気になる人は、頂いた金額の3分の1から半額程度の菓子折りなどをお返しするといいでしょう。

お返しに、赤飯や紅白の砂糖を一緒に送る地域もあるようです。その土地の習慣を取り入れてお返しするのも素敵です。

お返しはいつまでに?

一般的にお返しはもらってから1週間以内が良しとされています。小さい子供を抱えてのお返しは大変なので、1週間以内は難しいこともあるかもしれません。遅くとも3月中にはお返しするようにしましょう。

終わりに

ひな祭りの初節句のお祝いの方法とお祝いをもらったときのお返しについて解説しました。

子供が生まれて初めてのひな祭り。初節句は子供の健康と健やかなな成長を祈るイベントです。

家族や親族で集まり、子供とおひな様を囲んで楽しく過ごす時間が大事です。家族の思い出に残るひな祭り、初節句をお過ごしください。

参考リンク

桃の節句とひな祭り|一般社団法人日本人形協会
初節句を祝うー女の子|冠婚葬祭マナー事典
人生儀礼|椿大神社
レストラン 初節句のお祝いプラン|ホテル雅叙園東京
ひな祭りの由来は? 正しいお祝いの仕方は?|旬の話題
桃の節句・ひな祭り|桃の節句
本格的なひな祭りのお祝い、何を準備すればいい?|ぐるなび
記念に残したい写真!どうやって撮影したらいいの?|スタジオマリオ
初節句とは?お祝いする理由や方法は?食事会をするのが一般的なの?|こそだてハック
ひな祭りのお祝いのお返し|雛人形の取り扱い

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部