中学受験に強い人気校!精華小学校の特色、入学受験を徹底解説

神奈川県横浜市にある精華小学校は、大正時代に創立された伝統ある小学校です。当時の画一的な教育への批判から生まれた学校では、独自の試みが施されており、一方で中学受験に強いという評判もあります。この記事では、精華小学校の特色や入試情報についてご紹介します。

精華小学校とは

学校法人神奈川学園が運営する精華小学校は、神奈川県横浜市にあり、横浜駅から徒歩圏内にあるアクセスの良い学校です。子供の感性を大切に、自由で生き生きとした教育を目指しています。

東京都内からも通学圏内となっています。そのため、神奈川県内だけではなく東京都内や千葉県から通学する児童もいるようです。

精華小学校の歴史

精華小学校は、1922年に初代校長の佐藤善次郎氏によって創立されました。2006年には新校舎が完成、2014年にはプール設備も完成しました。1学年に松組と桜組があり、2クラス80名、全校生徒480名の学校です。

精華小学校の教育方針

精華小学校は、校訓に「人のおせわにならぬよう 人のおせわのできるよう」を掲げ、自立心の強い心を持った子、他人を思いやり助ける心を備えた優しい子、強く優しい子を育てることを教育目標としています。

また、創立者の佐藤善次郎氏が理想とする学校を作るために設定した5つの建学の精神があります。

・規律習慣をもって、個性を抑圧することを避け自主自発的な教育をなす
・体育を重んじ自由運動、作業を奨励する
・形式的、画一的教育を避けて自由個別的教育をなす
・知識偏重を避け情意の修練を重んず
・自主教材を重んじ見学体験を重視する

(引用元:校訓・建学の精神|精華小学校)