一貫校教育が魅力!桐朋学園小学校の歴史や受験情報を紹介

自然豊かな環境で、のびのびと学校生活を過ごすことができる桐朋学園小学校。一貫校教育を実現している学校としても人気です。桐朋学園小学校の歴史や特徴、受験情報をご紹介します。

桐朋学園小学校とは

東京都国立市にある桐朋学園小学校は、男女共学の私立小学校です。緑に恵まれた教育環境で、自然とふれあいながら子供の感受性や人間性を大切にし、一人ひとりの心を豊かに、賢くたくましく育んでいくことを目標としています。

2016年には新校舎が建ち、施設的にもより整った学習環境になりました。

自然豊かな環境の中で、のびのびと学び、遊べるのが魅力の小学校です。1学年2クラスのみの学校なので、きめ細かくそれぞれの児童に合わせた指導を行えるのも人気の理由です。

桐朋学園小学校の歴史

1940年に基礎となる組織、財団法人山水育英会が立ち上がります。1941年には、山水育英会が第一山水中学校と山水高等女学校を設立。終戦によって山水育英会が解散になり、財団法人桐朋学園が組織されました。

1948年に、桐朋中学校、桐朋高等学校に改編されます。1958年には併設小学校として桐朋小学校が設立されました。1958年に、私立学校法施行により学校法人桐朋学園になります。

桐朋男子、桐朋女子の一貫校教育

桐朋学園の最大の特徴は、男女別で中学校と高等学校に進学ができ、桐朋学園で一貫した教育を受けられるというところです。小学校は男女共学ですが、進学とともに、男子部門と女子部門へ分かれることになります。

桐朋学園の精神には、児童の人格を尊重することで、自主性を養い個性を伸ばすという教育方針があります。男子部門と女子部門に分け、教育に充実した環境を整えることで、人間としての新たな可能性を生み出すことができます。こうして、桐朋学園独自の一貫教育のシステムが作り上げられました。

「桐朋男子」、「桐朋女子」とも言われる桐朋学園の教育では、健康的な心身と豊かな感性、基礎学力をはぐくむことを基礎としています。その上で、児童が個性を発揮し、自分の考えを持ち、社会に役立つ人間に成長するような教育を目指します。

桐朋学園の系列校には、東京都国立市の桐朋学園小学校と同じ敷地内にある男子校の桐朋中学校と桐朋高等学校、東京都調布市にある桐朋幼稚園、桐朋小学校、女子校の桐朋女子中学校、桐朋女子高等学校があります。小学校卒業後は、男女それぞれに進学をします。

また大学は、桐朋芸術短期大学、桐朋学園大学、桐朋学園大学院大学があります。

桐朋学園小学校の教育の特徴

桐朋学園小学校の特徴を見てみましょう。

基礎学力を充実する

基本的な教科の学力が技能を身につけるとともに、問題解決能力も育成していきます。観察力や表現力、構成力が必要な日記を使った指導で、思考力や想像力を養います。

心身を鍛える

桐朋学園小学校の生徒は、国立駅から15分歩いて通学します。毎日歩いて通学するという習慣や、日常のランニングや体操で少しずつ体を鍛えていきます。6時間目以降に1時間程度の遊びの時間が設けられており、運動場で走り回ったり、雑木林で自然と触れ合いながら心や体をを育成します。

遠足や登山などのイベントでも足腰の強さが試されます。水泳の授業もあり、6年生の臨海学校では遠泳もします。

また、学年間の交流も活発です。5年生が一年生の手をつなぎ下校をサポートする習慣があり、1年生が入学すると2年生が学校内を案内する活動が行われています。動物の飼育を担当している4年生が1年生を動物とのふれあいの場に案内し、動物ふれあい体験のサポートをします。

年齢の違う子供の面倒をみるという体験を通じて、子供たちの協調性をはぐくみます。

情操を養う

道徳や芸術、宗教に触れ社会的価値観をはぐくみ、美しいものや優れているものを感動したり、喜んだりすることができる情操的な心を育てます。

広い学校の敷地内には雑木林があります。この雑木林の中で、木登りや砂場、アスレチックで遊ぶことで子供たちは自然とふれあいます。

また、敷地内できゅうりや大根の栽培、うさぎ、にわとり、やぎ、あひるを育てながら生命について学んでいきます。命に触れることで、優しさを育み美しいものに感動する心を養っていきます。

特に生活科の授業では、実体験を大切にした授業が行われています。

「羊毛からの織物作り」や「土器づくりと野焼き」、「ミシン実習」など、具体的な物事を直接体験していくことで生活していくために必要な知識や技能を身につけます。

実体験の学びから生きる力や考える力を培うことができます。子供たちも実体験を通じて広い視野や自然と人間との関わり、社会の仕組みなどの知識を深め、人間の生き方についての考えを深めていきます。

【2019年度版】桐朋学園小学校の受験情報

2018年11月に行われた2019年度の桐朋学園小学校の受験情報、2020年度の学校説明会についてまとめました。

募集要項

1学年男女合わせて72名。

通学条件があります。以下の区や市に住んでいること、通学60分圏内であることが条件です。通学圏内の区域は以下の通りです。

<東京都>
杉並区、世田谷区、中野区、練馬区、昭島市、稲城市、青梅市、国立市、
清瀬市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、
西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、
府中市、福生市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市
<神奈川県>
川崎市麻生区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市中原区
<埼玉県>
朝霞市、志木市、所沢市、新座市、和光市

(引用元:児童募集要項|桐朋学園小学校

学費・諸経費

お受験じょうほうに掲載されている2018年度の学費、諸経費を参考にご紹介します。

入学金27万円、建設資金13万円、合計40万円を入学手続き時に支払います。授業料その他経費を含めて年間68万6,700円の費用がかかります。

初年度の費用は、108万6,700円になります。

以上が2018年度の学費、諸経費です。改訂になることもあるので最新の情報を学校に確認するのがいいでしょう。

学校説明会

2020年度向けの学校説明会もあります。スケジュールをご紹介します。

2020年度入学 学校説明会について
【日 程】
(1) 2019年4月20日(土) 10:00~
(2) 2019年4月20日(土) 14:00~
(3) 2019年6月22日(土) 10:00~
(4) 2019年6月22日(土) 14:00~
(5) 2019年9月12日(木) 10:30~

(引用元:学校説明会|桐朋学園小学校

2019年4月7日より学校説明会の予約が始まります。桐朋学園小学校のホームページの「学校説明会」ページより予約することができます。

(1)~(4)の回は土曜日開催のため施設見学会があります。9月12日の回は平日開催のため学校の施設見学はありません。4月20日から「学校案内」と「受験要領」の配布も始まります。

桐朋学園小学校の受験を考えている親御さんは、学校説明会に参加して学校の様子を実際に見てみるといいでしょう。

2019年5月11日には、年長児のいる家庭を対象に学校体験日として、体験授業を受けることができます。学校説明や施設見学なども合わせて行われます。学校体験日の申し込みも、桐朋学園小学校のホームページ上で受け付けます。

また、2019年10月6日9時から14時まで開催される桐朋学園小学校運動会は一般に公開されます。

学校に通う子供たちの様子を直に知る機会になります。ちょうど出願がスタートしている時期ですが、試験に向けて見学に行くのもいいでしょう。

入試について

2019年度の受験はどうだったのでしょうか。受験情報をご紹介します。

受験スケジュール

出願の手続きは、10月1日から10月3日の間に桐朋学園小学校のホームページから申し込みする方法をとります。出願手続き後に、応募票と志望動機書、写真2枚を添付して郵送します。

選考は11月5日、6日、7日、8日のいずれかの指定日時で2日間実施されます。

合格発表は11月10日の午前9時に専用のホームページ上で発表されます。合格後は、ホームページ上で入学手続きを行います。

11月12日に入学承認書や入学関連の書類を中高事務室で配布します。11月26日までに入学辞退をした人には建設資金が返還がされます。

選考内容

試験内容は、言語、作業、行動の総合的な試験が行われます。保護者の面接はありません。

試験では主に工作をメインに行われるようです。手先の器用さや制作物に対するアイデア、発想力を確かめていることが多いようです。立体的な物を作ることができるのかどうか、他の人とは違う視点の発想力があるかどうか、ものごとを整理して考えられるかどうか、など多角的な視点から見ています。

行動の試験では、チーム分けが行われ自由に遊ぶ様子を観察して、個性やリーダーシップ、性格などを見るようです。

過去の志願者数

お受験じょうほうに掲載されている2019年度の過去志願者数を見てみましょう。

男子志願者数が376名、女子志願者数が183名、合計559名でした。合格者は男子36名、女子36名、計72名。倍率は、男子が10.4倍、女子が5.1倍。全体の倍率は7.8倍でした。

男子の合格倍率は10倍と人気があります。年々受験者数も増えている注目の私立小学校です。

進学状況

桐朋学園小学校の生徒は、一貫校教育のため桐朋中学校と桐朋女子中学校の推薦がもらえます。実際に中学受験はせず、男子は桐朋中学校へ、女子は桐朋女子中学校へ内部進学することが多いようです。

おわりに

桐朋学園小学校の歴史や特徴、受験情報をご紹介しました。東京にある学校ながら、自然豊かな環境で子供たちがのびのびと学び、遊び、さまざまな経験ができる小学校は、子供にとっても魅力的でしょう。少人数制で一貫校教育を実現していることもあり、倍率の高い人気校です。受験校選定の参考にしてみてください。

参考リンク

桐朋学園小学校|
桐朋学園小学校|お受験インデックス
桐朋学園小学校|お受験じょうほう
桐朋学園小学校が人気である3つの理由とは?|ひとみ幼児教室
桐朋学園小学校|インターデュ

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部