暁星小学校の受験情報を解説!親が子供のために知っておくべきこととは ( 2 )

暁星小学校に人気が集まる2つの理由

ここまでは暁星小学校の教育方針や募集要項を解説してきましたが、なぜ4.5倍もの倍率になるほどの人気があるのでしょうか? 子供の将来に役立てられる教育を実践していることはもちろんですが、暁星小学校には高い水準の教育と、有名大学への進学率が高いという2つの特徴があります。暁星小学校への進学を検討している親は、できるだけ早い段階でその人気の理由を把握しておくことをおすすめします。

【人気の理由1】高い水準の教育を用意

暁星小学校が4.5倍もの高い人気を集める1つ目の理由が、高い水準の教育を用意していることです。全国的に知られている小学校でも、入試こそ厳しい試験が行われるものの、入学後の勉強を厳しいものにしていないというケースが少なくありません。しかし、暁星小学校は、入試を突破としたとしても、そのままストレートに中学校に進学するわけではないと言われるほど、厳しいカリキュラムが準備されています。小学校生活から競争社会を経験することができ、幼いながら努力する意味を認識できるのが暁星小学校の強みと言われています。

【人気の理由2】有名大学への進学率が高い

暁星小学校は大学付属ではないという点に、大きな特徴があります。一般的に高い水準の教育機会を提供している小学校は大学付属であることも多く、小学校から大学までのレールが事実上決められていることもあります。しかし、暁星小学校は高校以降の進路は自由です。もちろん、小学校から高校までを厳しい学習環境で生活しているため、全員が大学進学を選択しますが、なぜその大学を選ぶのかを自分なりに考える機会を提供されます。行動としてはその理由を考えるだけというシンプルなものですが、大学生活を充実させる非常に重要なポイントと考えられています。

どこをチェックされる?暁星小学校の受験内容

暁星小学校の受験内容には、ペーパーテストや行動観察、指示行動などが含まれていますが、試験官はどのようなポイント確認しているのでしょうか? 幼稚園からの必要な暁星小学校の受験を対策を効率的に行うためにも、暁星小学校が重きを置いているチェック項目を確認しておきましょう。

理解力を確認するペーパーテスト

高い水準の教育を提供している多くの小学校が行っているのと同様に、暁星小学校でも話の記憶や同じ図形を発見するなどといったペーパーテストが行われます。また、その目的も他の小学校と変わらず、基本的な頭の良さを確認するために確認作業が必要となる問題が出題されます。

身体能力を計る運動試験

暁星小学校は、体の強さを確認する試験にも注力しており、ボールドリブルやコーン間のダッシュ競争など、小学校に進学する前の幼稚園児には少し厳しい内容の運動試験が盛り込まれています。ただし、この試験も入学後の厳しい勉強を乗り越えるために必要な、体の強さを確認するために行われていると考えられ、頭の良さと同じくらい重要とされています。

家族の関係を確認する面接と親子ゲーム

数多くの人気を集める小学校の中でも、暁星小学校ならではとされているのが、家族の関係を確認する面接と親子ゲームです。面接では志望動機や教育方針、カトリックの考え方などを確認されますが、その後に親子ゲームが設けられています。ゲーム自体はカードを当てるという非常にシンプルなものですが、お父さんとお母さんのどちらとやりたいかを確認するのが暁星小学校ならではの取り組みです。男子校である暁星小学校は男性社会であることから、父を選ぶか聞きながら親子の関係を確認していると考えられています。

暁星小学校の受験対策とは

キリスト教の教えに忠実に社会的な価値のある人格形成が、暁星小学校の教育方針となりますが、幼少期からの対策はどのように行うべきなのでしょうか? ここからは、「ペーパーテストはスピード感が大切」「日常的な運動も受験対策になる」「父との強い絆を意識した教育を目指す」の3つをテーマに、暁星小学校に進学するための効果的な対策を解説していきます。

ペーパーテストはスピード感が大切

暁星小学校に進学するためには、ペーパーテストにおけるスピード感が求められます。先ほど解説したようにペーパーテストでは、お話の記憶や同じ図形を見つける問題が出題されますが、一部の出題は、スピーカーから流れる放送を聞き、的確に答える形式で行われます。そのため、答えを導き出すまでの時間も事前に対策しておくべきポイントとなります。

日常的な運動も受験対策になる

暁星小学校への進学には、日常的な運動も効果的な対策となります。運動試験では、男子校の中で小学生から厳しい勉強を繰り返すために必要な、体力や健康が備わっているかを確認していると考えられています。そのため、学習面のレベルアップをするのと同時に、外で遊ぶといった運動も、対策の1つと言えるのです。

父との強い絆を意識した教育を目指す

親として厳格な行動も必要ですが、遊びたいと思われるような工夫も父親がしておくべき対策と言えます。暁星小学校では親子ゲームを父親と母親のどちらとしたいかを質問し、父親が選ばれるかどうかを確認しています。その背景には、父親からの教育が厳しいだけでなく、おもしろみがあるという側面があるかを確認するという意図があると考えられています。