経済学部へ編入するためにクリアすべき3つのハードルとその方法

子供の将来を考え、難関大学の経済学部への編入を検討している方も多いのではないでしょうか? 経済学部への編入にはたくさんのメリットがあることは事実ですが、編入という仕組みやその対策は分かりにくく、事前の情報収集が必須です。実際に受験する子供だけなく、フォローをする親も経済学部への編入に関する知識を身につけておきましょう。

経済学部の大学へ編入する3つのメリット

経済学部への編入にはいくつかのメリットがあり、大学進学後に難関大学の経済学部を受験し直す学生も少なくありません。

一般的な受験と比較した場合に、「少ない受験科目で難関大学を目指せる」「私立大学も同じ勉強内容で対策ができる」「経済学のプロとしての知識を身につけられる」という3つのメリットがあり、受験する子供だけでなく、身に付けられるスキルや就職を気にする親にとっても大きなチャンスと考えられています。

では、具体的にはどのような点が一般的な大学受験と異なり、メリットが大きいと言えるのでしょうか?

少ない受験科目で難関大学を目指せる

出題される可能性の高い問題やその対策についてはこの後解説しますが、経済学部への編入試験は、一般的な受験よりも少ない受験科目で難関大学を目指すことができます。

一般的な大学受験では、センター試験で7科目、さらに大学が指定する科目からいくつかを選択するという形式が設けられているため、広範囲の対策が求められます。一方、経済学部への編入試験では、基本的に英語・専門・小論文の3つの分野への対策のみで多くの難関大学を目指せます。

大学によって出題の傾向や難易度が異なるものの、ベースとなる知識の幅をおさえられる点に、経済学部への編入を目指すメリットがあるのです。

私立大学も同じ勉強内容で対策ができる

受験科目の数だけでなく、国公立大学と私立大学で違った対策をする必要がないという点も編入試験のメリットの1つです。

一般的な大学受験は併願という形でいくつかの私立大学を受験できますが、志望する私立大学ごとの対策が必要となり、煩雑になってしまいがちです。その点、経済学部への編入試験は専門性が高くなる傾向にあるものの、しっかりとした土台を作ることで、私立大学も同様の対策を講じることができます。

経済学のプロとしての知識を身につけられる

経済学部への編入にはいくつかのメリットがありますが、入学前から高い専門性を求められる問題が出題されます。

一見すると、「経済学部に進学してから習うことなのでは?」と思われるような問題も含まれていますが、専門性の高い問題に入学前に触れておくことに大きな意味があります。入学前にある程度の知識を身につけておくことで、難関大学へ進学したにも関わらず、イメージしたスキルを得られない、就職先がないといった事態を回避することができるのです。

1 2 3