明星学園小学校の教育内容から入試情報まで詳しく紹介!

制服や厳格な校則がない、自由な校風で知られる、明星学園小学校。数多くのピアニスト、バイオリニスト、俳優、歌舞伎役者、ミュージシャンなどを輩出しています。一体どのような教育が行われているのでしょうか?今回は明星学園小学校の教育方針や入試情報をご紹介します。

明星学園小学校の概要

沿革・建学の理念・教育方針

明星学園小学校は、1924年(大正13)、成城小学校の教師であった赤井米吉、照井猪一郎、照井げん、山本徳行の4氏によって創設されました。
大正期の教育改革の中、「子どもには子どもの世界がある」「生き生きと子ども時代を送ることが大人への基礎を創る」という考えに立脚し、子供の感性を大事にする「新教育」を実践する学校として誕生しました。

建学の理念

「個性尊重」
一人一人の個性を大切にする。伸ばすべき長所を伸ばし、補うべきことを支援していく。

「自主自立」
自立的な態度を身に着けるために主体的に学ぶこと。
勝手気ままではなく、自己の確立に向かう自由であること。

「自由平等」
子供たち同士も、子供と先生も、先生同士も平等。
強制による束縛は受けず、自分の自由も、他人の自由も同等に尊重。
参考
創立経緯|明星学園小学校

教育方針

1)自然から学ぶ力を育む
明星学園は自然に恵まれた環境の中にあります。
「みいつけた」と「ものつくり」は、自然科学の視点へとつながります。

2)考える力を育む
常に「なぜ?」を探求し、自分で考える力を獲得します。
経験に根差した知識は知恵となり、未知の課題への挑戦につながります。

3)表現する力を育む
子供たちの表現活動を大切にしています。
学んだ内容を表現することで、より深い認識を創りあげ、新しい自分を発見します。

4)社会を創る力を育む
同学年あるいは異学年の仲間たちと、協力して何かを成し遂げる力を育てます。
対話により自分の意思を相手に伝える練習を積み重ねていきます。

参考
教育方針|明星学園小学校

所在地・学校施設

所在地:〒181-0001 三鷹市井の頭5-7-7
最寄り駅:JR吉祥寺駅より徒歩15分または小田急バス明星学園前下車、JR三鷹駅よりみたかシティバス明星学園前下車、京王井の頭線井の頭公園駅より徒歩約10分。スクールバスはありません。

子供の成長に自然の豊かさは欠かせないと考え、井の頭が選ばれました。同じ井の頭キャンパスに明星学園中学校、徒歩数分ほどの牟礼キャンパスに明星学園高等学校があります。

施設・設備

陽光が降り注ぐ教室がジグザグに並んで配置されており、その両側にゆとりの空間があります。子供たちの創造性を発揮できる、豊かで心地の良い空間設計となっています。
教室や廊下の床面および壁面には、ヒノキやスギの天然無垢板が使われています。児童の学びと遊びの場として、温かみのある空間になります。
また、ホルムアルデヒド等の有害な化学物質を極力排除しており、さらに自動的に換気が行われるなど、シック・スクール対策が施されています。

校 庭:土
プール:ありません
体育館
いちょうホール
教 室:冷暖房完備、電子黒板
その他:総合学習室、美術室、音楽室、工作室、木工室、図書室、ビオトープ、農園

セキュリティや災害対策の面においても、充実した施設です。

  • 警警備員が正門に常駐
  • 警定時に施設内を巡回
  • 警正門と西門に防犯カメラ設置
  • 警IDカードや入校証による来校者確認
  • 警メール緊急連絡システム
  • 警緊急地震速報
  • 警災害時用備蓄
  • 警災害マニュアル