インターナショナルスクールに進学させて後悔してしまう理由とは?

インターナショナルスクールのイメージとしては「英語が堪能になる」、「著名人や芸能人が子供を通わせている」、「多国籍の子供達と過ごすことができる」などが挙げられます。ところが、実際に子供を通わせた人からは、インターナショナルスクールで後悔しているという意見もあるようです。漠然としたイメージはあっても、実際にインターナショナルスクールへ子供を通わせることによって、どのようなメリットやデメリットがあるのかはなかなか分からないものです。

当記事では、インターナショナルスクールへ子供を通わせることによるメリットやデメリットをご紹介します。「子供をバイリンガルに育てたい」、「英語に苦労しない教育を受けさせたい」と考える家庭は少なくないでしょう。情報収集の一環として参考にしてください。

インターナショナルスクールで後悔する理由

インターナショナルスクールへ子供を通わることを検討する際に注意したい点として、経験者の後悔を紹介したいと思います。ここでは5つのポイントに絞ってご紹介します。

進学できる学校が少なくなる

インターナショナルスクールとは、本来外国人児童が通う目的で設置された教育機関です。そのため、日本の学校教育法に定められた「学校」として認められていません。義務教育の期間をインターナショナルスクールで過ごした場合、規則上は日本の小中学校を卒業したということにはなっていません。

仮にインターナショナルスクールで小学校6年間を過ごしても、公立の中学校には進学できず、中学校までの期間を過ごしたところで、原則的には高等学校には進学できません。

大学に進学するには、大検(大学入学資格検定)を取得する必要があります。中には「帰国子女枠」として入学資格を設けている大学もありますが、まだ少ないのが現状です。子供の進学における選択肢が限られているのはデメリットと言えるでしょう。

子供が環境になじめない場合がある

インターナショナルスクールは「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」学校です。そのため、日常会話はすべて英語で、先生や友達との会話も必然的に英語が優先されます。

そのため、語学力が足りない生徒は授業自体についていくことができず、周囲とのコミュニケーションも難しくなります。英語ありきの環境になじめない場合は、学校に行きたくなくなってしまうこともあるのです。

子供が留年する場合もある

インターナショナルスクールは、「子供がどのくらいの学力を持っているか」ということをシビアに審査します。そのため、万が一学力が足りないと判断されれば、留年という措置が取られます。

日本の義務教育に留年はありません。インターナショナルスクールでは学力に応じた進級を基本としているので、周囲も留年に対する違和感や抵抗は少ないと言えます。ただ、日本で生活をしている以上、留年という措置がどのように影響するのかという点については、注意が必要です。

学費が高く経済的に負担が大きい

インターナショナルスクールの学費は、特別な費用を除いた通常の学費だけでも年間150~200万円ほどが相場だと言われています。仮に高校までインターナショナルスクールに通わせると、約3,000万円近い学費がかかることになります。ここで都内で人気の高いアオバジャパン・インターナショナルスクールの学費を例に挙げてみます。

  • 幼稚園   1,600,000~1,800,000円/年
  • 1~5年生  2,100,000円/年
  • 6~10年生  2,250,000円/年
  • 11~12年生 2,300,000円/年

(参照元:インターナショナルスクールについて 東京有名7校の学費比較など|GOD FATHER

学校だけで非常に高額な費用がかかり、それに加えて習い事などをさせると、教育費の負担は日本の学校とは比べものになりません。学費が高く、経済的な負担が大きいということを覚悟しなくてはいけないということになります。

バイリンガルに育つとは限らない

日本に住み、日本の家庭で生活している場合、母国語である日本語がきちんと習得できなければ、ほかの外国語を習得しても「バイリンガル」とは言えません。英語を習得することに重点を置いてしまい、本来必要となる日本語の習得がおろそかになってしまうこともあるので、インターナショナルスクールに通えば必ずバイリンガルに育つという保証はないです。

インターナショナルスクールのメリットは?

インターナショナルスクールへ子供を通わせるメリットはどんなことがあるのでしょうか?

高い英語力を身につけられる

英語で生活をするという環境なので、やはり高い英語力が身につきます。小さなころから英語に触れることによって抵抗もなくなり、義務教育で教わる英語以上の語学力がつくでしょう。

個性を重視した教育を受けられる

少人数制を導入しているインターナショナルスクールでは、個性を重視した教育が行われています。必要以上の義務を与えたりすることなく、子供の主体性や自由を重んじた教育を受けることができます。

多様な文化を子供が理解できる

異なる国籍・文化・習慣を持つ子供たちが集まる環境は、子供にとって多様な文化を自然に学ぶことができる素晴らしい環境です。お互いを尊重し、助け合うという意識を育てられるのも大きなメリットと言えるでしょう。

子供をインターナショナルスクールに進学させる前に知っておくべきこと

子供をインターナショナルスクールに進学させたいと考えたときに、知っておきたいことがあります。ここでは知っておくべき注意点を3つご紹介します。

英語よりも先に日本語の教育が重要

日本で暮らしている以上、日本語の習得もおろそかにしてはいけません。小学校で習う範囲の最低限の日本語知識はきちんと知っておくべきです。日本語でコミュニケーションができないと、子供の将来にとって望ましくありません。

国内のインターナショナルスクールには日本人も多い

国内のインターナショナルスクールには、日本人も多く在籍します。そのため、たとえインターナショナルスクールであっても日本人と日本語で接してばかりになる可能性もあります。

学費が高いので家計に注意

インターナショナルスクールの学費は、日本の教育機関と比べて非常に高額です。高校卒業後に海外の大学への進学を希望する場合などは、さらに高額な学費が必要になります。経済的に通い続けることができるかという点も重要なポイントになります。

まとめ

インターナショナルスクールはさまざまな文化に触れ、英語という環境に慣れるために有効な手段の1つと言えます。ただし、高額な学費や日本の学校教育法に沿っていない点など、検討しなくてはならない点も多くあります。

安易に「英語ができるように」という思いだけでインターナショナルスクールへの入学を考えるのは早計です。後悔することのないように、長期的なスパンで子供の教育について考え、将来的なことも踏まえた上で検討する必要があります。

参考
日本育ちの子をインターナショナルスクールに入れるのは愚の骨頂だ|現代ビジネス
知らないと後悔する!? インターナショナルスクールに入学する前の注意点|パピマミ
インターナショナルスクールに入ってはいけないというのは嘘である。何故、後悔するはずが無いのか、インター出身者が某ニュースサイトの嘘を暴く。|職人戦記~外伝~
インターナショナルスクールに通わせて後悔した8つのこと|PHONICS PLANET
話題のインターナショナルスクール! 気になる疑問に答えます|WOMAN EXCITE
インターナショナルスクール進学する前に考えたい子どもの将来|WOMAN EXCITE
英語だけじゃない! “インターナショナルスクール”で学ぶメリット4つ|WOMAN EXCITE
インターナショナルスクールのメリット|J’s International School
インターナショナルスクールに入ってはいけない!中途半端、卒業後の人生で苦労…|Business Journal
インターナショナルスクールについて 東京有名7校の学費比較など|GOD FATHER

この記事をかいた人

Rie Kato

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライター。専門学校生と小学生の男の子の育児真っ最中! 保険・転職・子育て・ビジネスマナーなど経験を基にしたジャンルを得意とする。インタビュー記事が書けるようなライターになるのが目標。