受験の準備までご紹介!昭和学院小学校の歴史や教育の特徴とは

アフタースクールや教科担任制など、さまざまな制度を採用しているのが昭和学院小学校。その歴史や教育の特徴、入学試験についてご紹介します。

昭和学院小学校とは

昭和学院小学校の歴史

昭和学院小学校は、伊藤友作によって創立されました。これまで以下のように歩みを進めてきました。

年表

1940年 昭和女子商業学校開校
1947年 昭和学院中学校開校
1948年 昭和学院高等学校開校
1950年 昭和学院短期大学開学、昭和学院小学校開校
1951年 学校法人昭和学院設立認可
1967年 昭和学院幼稚園開園
1983年 昭和学院秀英高等学校開校
1985年 昭和学院秀英高等学校附属中学校開校
1990年 昭和学院創立50周年を迎える
1994年 本学院創立者伊藤友作、市川市名誉市民賞受賞
2010年 創立70周年記念式典を挙行
2011年 創立記念館が登録有形文化財に登録される

参考
沿革|昭和学院小学校

大学までの一貫校

学校法人昭和学院は、昭和学院幼稚園から昭和学院中学・高等学校、昭和学院秀英中学・高等学校、昭和学院短期大学まで一貫した教育を行っています。しかし、中学校進学時には、希望の進路を選べます。ほかの中学校への受験を希望しても、昭和学院中学校や昭和学院秀英中学校を希望しても良いです。

内部進学の場合は希望を踏まえ、内部進学の規定に基づいて校内選定が行われます。外部受験の実績としては、有名私立中学や国立大学付属中学への合格者も多く輩出しています。1人1人に合った進学先を家庭で相談して決めていきます。