京都のインターナショナルスクール!メリットやデメリットまで紹介

欧米教育に基づいたカリキュラムを進めるインターナショナルスクール。各校の理念や教育カリキュラムを含め、メリットやデメリットについてもご紹介します。

関西のインターナショナルスクール

関西国際学園

学校の理念

関西国際学園では、「日英バイリンガル教育を通して、国際社会に貢献できるリーダーの育成」を教育理念に掲げています。関西国際学園では、子供たちがグローバル時代を生きる力を養うために「イマージョン教育」を行っています。

英語でのコミュニケーション能力を磨き、グローバルな視野を持つ生徒の育成を目標としています。日本語や文化を学び、世界で活躍するために欠かせない日本人の本来持つアイデンティティーを育みます。

具体的な教育カリキュラム

初等教育では、日本人と外国人の2人の先生がクラスの担任になります。授業は日本語のみ、英語のみ、両方で行われます。科目は、国語、算数、UOI(探究学習)、ELA(英語学習)、ICT、音楽、体操などです。そのほかに、6年生がトピックについて探究した結果を披露する「エキビジョン」、クラスや学年の代表生徒が運営する「児童生徒会(SAC)」などの教育プログラムを提供してきます。

高等教育では、希望の進路に応じたコースを選べます。「海外大学進学コース」「ドクターズコース」「国内大学理系・文系コース」です。インターナショナルスクールで、日本の大学に進学しにくい点を補完できる制度が整っているようです。

関西国際学園

リトルジェムスインターナショナルスクール京都校

学校の理念

教育理念は、7つの要素で構成されています。

・学習の楽しさを知る
・人、もの、自然を愛する
・一人一人の個性を大切にする
・楽しいスクール生活を!
・世界・異文化を知り、先入観を持たない広い視野を持つ
・強い人間
・敬愛、協力、思いやりに満ちたスクール

(引用元:OUR SCHOOL|京都校 リトルジェムスインターナショナル

学習にとどまらず、全人教育につながる要素が詰まっています。幼児期に学んだことは、生涯の糧になります。子供たちの未来の可能性につながる学びを得られるのがリトルジェムスインターナショナルスクールの特徴です。

具体的な教育カリキュラム

イマージョンプログラムを採用した教育を行っています。「Literacy・Writing」では、アルファベットの読み書き、スピーチコンテスト、劇などで英語に触れる機会を増やしています。「Cooking」では、毎回季節の素材を使った料理をみんなで楽しみます。「Mathematics」では、個々のレベルに合うような教育を提供していきます。

「Science」では、週1回のクラスでさまざまな実験を行います。Scienceの魅力を伝える実験ばかりです。「Geography」は、日本だけでなく世界の国々について学びます。「Physical Education Gymnastics, Dance」では、教室でマット運動や縄跳びをしたり、近くの講演でストレッチをしたりと、楽しみながら身体能力を鍛えています。これらのクラスを完全少人数制で実施しています。

リトルジェムスインターナショナルスクール京都校

1 2 3