法学部で得られる資格とは?法律に関する資格と就職事情

テレビドラマや本に登場する弁護士や裁判官に憧れている子供は多いのではないでしょうか? 法学部で法律を学ぶということは、弁護士や裁判官以外にもさまざまな分野で活躍できる職業につながっています。当記事では、法律に関する資格や職業、法学部の就職先や就職率などについて詳しくご説明します。

法学部とはどんな学部?

法学とは、法や法律を学ぶ学問です。法学部では、法学の知識を身につけ、論理的思考力を備えた社会に貢献できる人材を育成します。具体的に学ぶ内容としては、法律の考え方や法の基本から始まり、憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法の「六法」、税法や労働法、国際法などがあります。

法学部の主な就職先

法学部の就職先には、どのようなところがあるのでしょうか? 「法学部と言えば弁護士や司法書士?」と考える人も多いかもしれませんが、法律の専門職以外にも、国家公務員や官公庁、銀行、保険会社や証券会社などの民間企業への就職先も一般的です。法学部の進路を、いくつかの例を挙げて見ていきましょう。

早稲田大学法学部

大学院進学
15~20%

民間企業や官公庁へ就職
70%

主な就職先
みずほフィナンシャルグループ・三菱東京UFJ銀行・東京都職員I類・東京海上日動火災保険・国家公務員一般職・国家公務員総合職・(株)三井住友銀行・りそなグループ・大和証券(株)・損害保険ジャパン日本興亜(株)など

中央大学法学部

大学院進学
約15%

民間企業や官公庁へ就職
約80%

主な就職先
東京都庁・国税庁・神奈川県横浜市役所・みずほフィナンシャルグループ・国土交通省・神奈川県庁・りそなホールディングス・警視庁・大和証券グループ・損害保険ジャパン日本興亜・野村證券など

明治大学法学部

大学院進学
8.3%

民間企業や官公庁へ就職
85.5%

主な就職先
東京特別区職員・あいおいニッセイ同和損害保険・みずほフィナンシャルグループ・国家公務員一般職・野村證券・三菱UFJ銀行各・警視庁・日本政策金融公庫・横浜市役所各・日本航空など

金融機関や商社などの一般企業に就職する人や、公務員になる人が多いのが分かります。裁判官や検察官、弁護士を目指す人は法科大学院へ進学するのが一般的です。

1 2 3