小学校受験にふさわしい服装とは?女の子、男の子、親別にご紹介

小学校受験では見た目が重要視されるわけではありませんが、「人は見た目が9割」というほど身だしなみや外見で人を判断しています。学校側に良い印象を与えるためにも服装は大切です。当記事では、小学校受験にふさわしい服装を女の子、男の子、母親・父親別にご紹介します。

小学校受験の服装の基本

服装で小学校受験の合否が決まる訳ではありませんが、身に着けているものや身だしなみによって印象は大きく変わります。「受験」というイメージどおりきちんとした服装である必要がありますが、どのようなものがふさわしいのでしょうか? ここでは、小学校受験に適した服装の基本をご紹介します。

清楚で品がある

服装や身だしなみは、その家庭が受験に取り組む姿勢を表すものです。相手に不快感を与えない、清楚で上品な雰囲気の服装が望ましいでしょう。また、同色系でまとめるなど、家族の服装に統一感を出すのも良いです。

さらに知的な印象や清潔感、ほど良い高級感があるとより好ましいでしょう。ただし、明らかにブランド物であることが分かるものを取り入れて高級感を出すのは避けた方が無難です。

受験校の校風や雰囲気に合っている

受験する学校の校風や雰囲気に合った服装をすることは、学校に対するリスペクト(尊重)を示すためにも大切です。

校則が厳しいミッション系の学校や協調性を尊重する学校では、個性的で目立つような服装は学校の雰囲気やイメージに沿わないでしょう。自由な校風の学校であれば、表情を明るく見せられるデザインのものや襟の開いたものを選んだり、パールなどのアクセサリーをさりげなく身に着けるのも良いでしょう。

また、私立の学校には学校カラーがあるところもあります。そのような学校を受験する場合は、洋服そのもや刺繍などにそのカラーを取り入れてみるのも良いでしょう。受験校の校風や雰囲気、スクールカラーについては、学校説明会やその学校に通っている保護者から事前に情報を得ておくと良いでしょう。

女の子の服装

小学校受験にふさわしい女の子の服装をシーン別にご紹介します。受験服を選ぶ際の参考にしてみてください。

ペーパー試験・面接

ペーパー試験や面接は、シンプルで清潔感がある服装で臨みましょう。スカート丈は膝が隠れ、ブラウスの袖丈は手の甲にかかる程度にします。ブラウスの襟の形やスカートのデザインは子供に似合うものを選びましょう。

基本

  • 白ブラウス+ジャンパースカート+ボレロまたはカーディガン
  • 白ソックス
  • 黒のワンストラップシューズ

  • 紺が一般的、グレーでも良い

髪型

  • 髪が長い場合は2本の三つ編みが定番
  • ゴムは紺や黒が望ましい
  • ショートへアはハネがないように整える
  • 前髪は目にかからないよう短くするか横に流す

運動考査

運動考査には動きやすいものを選びます。スカートは避け、キュロットかハーフパンツで臨みましょう。中には体操着で受験する子供もいるようです。どちらがふさわしいかは学校の校風や雰囲気から判断したり、その学校を受験された家庭にアドバイスをもらうと良いでしょう。

基本

  • 白ポロシャツ+ベスト(寒い場合)+キュロットまたはハーフパンツ
  • 白ソックス
  • 白シューズ

  • 紺が一般的、グレーでも良い

髪型

  • 運動の邪魔になったり乱れたりしないように、編み込みをしたり結わえたりし、ムースやスプレーを使ってしっかりセットする
  • 帽子をかぶったりゼッケンを着けたりすることもあるので、髪は下の方で結ぶと良い