リスニングから長文読解まで!高校受験英語の勉強のコツ

2020年から小学校高学年からの英語授業が必修化されるなど、英語の学習がますます重要視され、幼いころから英会話や児童英検などで英語の技能を身につけさせようと試行錯誤してきた親御さんもいるのではないでしょうか。しかし、高校受験における英語はリスニングや英文法、長文読解など、英語の幅広い知識・技能が求められ、部分的な苦手が生まれやすい教科でもあります。そこで、今回は、高校受験で出題される問題の種類をご紹介しながら、高校受験で求められる幅広い知識・技能の勉強方法を、出題される分野別にご紹介していきます。

高校受験「英語」の特徴は?

高校受験の英語の入試問題では、「リスニング」「長文読解」「英作文」「パンフレットや資料を読み取る問題」などが出題されます。実際に出題される問題の傾向やレベル、配点比率などは、受験する都道府県や学校により異なりますが、どの入試においても共通して言えることは、英語に関する幅広い知識や技能が求められているということです。

学校教育における英語の学習は、中学校から始まることが多いため、主に中学1年生から中学3年生までの学習内容から出題されます。中学1年生ではアルファベットからはじめ、中学校1年生の後半には文法について学び始めます。一般動詞の活用や三単現の「s」など、英語の文法の基本的な考え方を身につけることが必要になってきます。そして、実際の入試試験では、中学1年生で学習する内容をベースに、中学2年生で学習する文法が大きな得点源となってくるでしょう。

高校受験の英語に向けて、中学1年生では単語量を増やし、中学2年生では文法の理解とその活用ができるようにし、中学3年生では読解やリスニング、英作文などのより実践的な問題演習をする、という段階的な学習を進めることで、英語は決してとっつきにくい難しい教科ではなくなると考えられます。

一方で、受験まで時間があるからと中学1年生での単語や基本文法の理解を怠ると、入試問題で多くの人が安定的に得点していくポイントを把握できなくなり、点数が安定しなくなってしまいます。英語はコツコツ進められるようにサポートしてあげましょう。

高校受験「英語」の成績を伸ばすための勉強法は?

次に、多くの高校受験の英語の入試問題で出題される「リスニング」「長文読解」「英作文」について、それぞれの学習方法やコツを紹介しています。学習塾だけではなく、ご家庭での自主学習でできる学習方法を紹介していきますので、ぜひお子さんの自主学習の参考にしてみてください。

リスニング力を鍛える方法

最近では高校入試でもリスニングの問題を扱う都道府県や学校が増え、入試問題におけるリスニング問題の比率も高くなってきています。

また、リスニングの対策方法が分からずに効果的な対策ができていない人もいるため、リスニングは差がつきやすい単元といえます。学習塾などでも対策がある場合もありますが、自分で勉強しないのであれば、その演習量には大きな差が差がついてしまいます。そこで、今回は自主学習でもできるリスニングの学習のポイントを紹介します。

英単語は正確な発音と一緒に覚える

英単語を覚えるときには、「つづりだけ」「ローマ字読み」で覚えると、リスニングの対策にはなりません。ネイティブが発音するような発音でなくても良いので、なるべく正確な発音で単語を一緒に覚えましょう。

英語独特の発音方法を理解する

英語を聴き慣れていないと、リスニングの音声が早くて聴き取れていないように感じる人もいるでしょう。英語を聴き取る練習をして、スピードに慣れる練習ももちろん必要ですが、演習を重ねても聴き取れないときには、英語特有の発音方法を理解できていないことが原因です。

英単語を習うときの発音はその単語だけを読みあげるときの発音です。しかし、リスニング問題で出題されるときは、会話や何かの文章を読み上げるときであり、他の単語とセットになった時の発音を聴き取る必要があります。英語では、代名詞や前置詞、接続詞などは、単語を習うときと異なる発音で読まれることが多く、聴き取ることが難しいのです。

これらの発音の違いにも基本的なルールがありますので、なかなかリスニングの得点が上がらない時には、この発音の違いを意識してみるといいでしょう。

聴いている英語と頭の中の英単語を繋げる

単語として習う発音とリスニングで読まれる単語の発音には違いがあると説明しましたが、リスニング力を上げるためには、聴く単語と頭の中で記憶している単語を結びつける学習が重要です。その方法として、「書き取り」と「シャドーイング」を繰り返してみましょう。

「書き取り」では、英語の音声を耳にし、音声を書き取っていく方法です。同じ音声を繰り返し聴くことで、英語が読まれるときのスピードにも慣れることができたり、単語ではなくフレーズとして覚えていくことができます。

「シャドーイング」では、音声と同じスピードで音読できるように練習します。できるだけ聞こえてくる発音で、実際の音声に重なるように練習します。英語の読む時の強弱や呼吸を体感でき、英語の音声をリズムよく聴き取ることができるようになリます。

長文読解・資料を読み解く問題ができるようになる方法

長文読解で出される文法問題は得点源にする

長文読解の問題というと、国語の問題と同じように読解力がないと難しいと思う人も多いでしょう。しかし、高校受験英語の長文読解の問題では、文章中の一文に注目し、単語を並び替えて文章を作る問題や単語の形を変える問題などの文法問題が多く出題されます。そのため、読解力に苦手意識があっても、文法と単語の活用を正しく理解すれば、十分に得点することができます。

知らない単語が出ても焦らない

中学校3年間で学習した英単語で構成される文章が出題されますが、実際に受験問題を目の前にすると覚えていない単語も出てくるでしょう。1つの単語の意味にこだわり、つまづいてしまうと、全文が分からなくなってしまうこともあります。

しかし、長文読解では、全ての単語を必ず理解しなければいけないわけではありません。出題される文章特有の単語である可能性もあります。全体の文章のつながりや構成のヒントとなる因果関係を示す接続詞などの単語や文法について把握することができれば、文章全体や注釈をヒントに、分からなかった単語の意味を推測できるでしょう。そのため、文章全体の構成を理解するために必要な基本文法や文章構造を捉えながら読み解く演習を繰り返すといいでしょう。

英作文ができるようになる方法

「書きたいことを書く」より「書けることを書く」

英作文は、減点法で採点されます。そのため、自分の意見を主張したり、書きたい日本語を元に英語に書き起こしするのではなく、自分が確実に表現できる英文法や単語を使ってミスなく表現することが重要です。

英作文では、テーマや本論から大き崩れない限り、どのような主張内容であるかは採点結果に大きく影響しないことがあります。難しい表現を使おうとしたり、自分の書きたい内容にこだわりすぎるあまり、減点対象となる文法やスペルのミスをしてしまうのは、良い点数を取るという観点からすればとてももったいないこと。書ける方法で表現することを意識して演習しましょう。

表現方法のパターンで理解する

英作文にも、国語の作文などで見られるような文章構成や表現方法にパターンがあります。何から書いていいか分からなくなってしまい、文章を書き始められないお子さんは、まずは多くの文章がどのような構成で作られているか、どのような書き出しで始まっているか、などのパターンを知り、パターンに当てはめて書く演習方法がオススメです。

パターンを使った演習に慣れてくると、次のステップとしてより伝えたい内容が伝わる構成や表現を選択できるように演習を重ねていきますが、パターンに当てはめて考えるだけでも、減点法の英作文では十分に得点できるでしょう。

自己採点ではなく先生に採点してもらう

英作文も演習量が必要ですので、自主学習で演習に取り組む人も多いでしょう。しかし、英作文は自由記述であるため、答えは一つだけではありません。また、問題集や参考書などに記載されている通りの文章を書けるように回答を覚えることが、入試で出題される英作文の問題にそのまま使えることは多くはありません。

そのため、英作文の問題演習をしたときの採点は、学習塾や学校の先生など、英語の理解が深い第三者に行なってもらいましょう。お子さんの実力や英語理解に合った表現方法で、どのように主張できるのか、添削してもらうことができます。

また、自己で解いた問題を採点すると、スペルミスや誤字に気づきづらい傾向があります。自分以外の誰かに添削してもらうことで、気づけなかったミスに気づくことができるのも、第三者に添削してもらうことをオススメする理由の1つです。

おわりに

高校受験の英語の入試問題に向けた学習方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

実際には、お子さんが受験する学校や都道府県の傾向を調べながら、受験に向けた対策をすることが重要です。お子さんが出題傾向などを知ることができるように情報収集や問題集選びなど、親御さんにできるサポート方法はたくさんあります。学校や学習塾だけでは補えない自主学習を、ぜひサポートしてあげてください。

参考
中学生のための【英語】勉強法|栄光ゼミナール高校受験情報
高校受験英語で9割取るためのレベル別おすすめ問題集24選 | 高校受験ラボ
中学生の勉強法 リスニングの勉強法まとめ・定期テスト対策。練習問題も充実|スタディサプリ中学講座
公立高校入試 英語の勉強法のおすすめ勉強法・コツまとめ。演習問題も充実|スタディサプリ中学講座
高校受験、大体の人はリスニングが盲点だ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

この記事をかいた人

cocoiro編集部