リスニングから長文読解まで!高校受験英語の勉強のコツ

2020年から小学校高学年からの英語授業が必修化されるなど、英語の学習がますます重要視され、幼いころから英会話や児童英検などで英語の技能を身につけさせようと試行錯誤してきた親御さんもいるのではないでしょうか。しかし、高校受験における英語はリスニングや英文法、長文読解など、英語の幅広い知識・技能が求められ、部分的な苦手が生まれやすい教科でもあります。そこで、今回は、高校受験で出題される問題の種類をご紹介しながら、高校受験で求められる幅広い知識・技能の勉強方法を、出題される分野別にご紹介していきます。

高校受験「英語」の特徴は?

高校受験の英語の入試問題では、「リスニング」「長文読解」「英作文」「パンフレットや資料を読み取る問題」などが出題されます。実際に出題される問題の傾向やレベル、配点比率などは、受験する都道府県や学校により異なりますが、どの入試においても共通して言えることは、英語に関する幅広い知識や技能が求められているということです。

学校教育における英語の学習は、中学校から始まることが多いため、主に中学1年生から中学3年生までの学習内容から出題されます。中学1年生ではアルファベットからはじめ、中学校1年生の後半には文法について学び始めます。一般動詞の活用や三単現の「s」など、英語の文法の基本的な考え方を身につけることが必要になってきます。そして、実際の入試試験では、中学1年生で学習する内容をベースに、中学2年生で学習する文法が大きな得点源となってくるでしょう。

高校受験の英語に向けて、中学1年生では単語量を増やし、中学2年生では文法の理解とその活用ができるようにし、中学3年生では読解やリスニング、英作文などのより実践的な問題演習をする、という段階的な学習を進めることで、英語は決してとっつきにくい難しい教科ではなくなると考えられます。

一方で、受験まで時間があるからと中学1年生での単語や基本文法の理解を怠ると、入試問題で多くの人が安定的に得点していくポイントを把握できなくなり、点数が安定しなくなってしまいます。英語はコツコツ進められるようにサポートしてあげましょう。

1 2 3