ヤンキーと見られないために!成人式での男子の袴選びのポイント3つ

子供の成人式は一生に一度の晴れ舞台です。どんな服装を選ぶのか、悩んでいるご家庭も多いはず。男性の場合はスーツが一般的ですが、式典用として羽織袴を着たいと思う人もいるのではないでしょうか?

近年の成人式は、非常に派手になってきています。新成人の問題行動もニュースでも取り上げられていることから、羽織袴=ヤンキーというイメージがあることも事実です。しかし、羽織袴は本来日本男性の正装です。選び方さえ間違わなければ、格式ある正装として着ることができます。

今回は、ヤンキーと見られないための袴選びについて、ポイントを3つご紹介します。成人式で羽織袴を着ようと考えている方、どんな袴を選べばいいのか分からないという方はぜひ参考にしてください。

成人式、袴の男子が増えてきている?

株式会社ニワンゴが実施したアンケートによると、成人式に出席した新成人の服装は、スーツ・ドレスが71.7%、羽織袴・着物は21.8%の内訳。そのうち男性はスーツが87.3%、羽織袴は5.8%となっており、スーツの方が圧倒的に多いですが、羽織袴を着る男性も増えてきていることが分かります。男性が袴を着たいと考える理由としては

  • スーツはこれからもいくらでも着られるが、羽織袴を着る機会はあまりないから。
  • 日本男児らしい正装で出席してみたい。

といったものが多いようです。確かにスーツではなかなか目立つことは難しいですが、羽織袴なら少数派ということもあり、非常に目立ちますし、記念にもなります。

ただ、成人式のニュースなどをみると、問題行動を起こしている俗にいうヤンキーは羽織袴を着ていることが多く、どうしても羽織袴=ヤンキーというイメージがついて回りがちです。

羽織袴を着たいけれど、どんなものを選べばヤンキーのような格好にならないのかを知りたいと考える人は多くいます。普段着なれないからこそ、袴選びは慎重にするべきなのです。