2歳児におすすめの室内遊び8選!子供と一緒にゲーム感覚で遊ぼう!

2歳児におすすめの室内遊び8選!子供と一緒にゲーム感覚で遊ぼう!

「魔の2歳児」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。2歳児は体力もつき始め、言葉も発し始める時期です。

運動能力も格段につき、自我も芽生えるため、活動範囲が広くなります。外で遊べる日は良いですが、暑い・寒い・雨・強風・雪など天候によって室内遊びをしなければいけない日もあります。退屈するとぐずってしまったり、夜なかなか寝なかったり、体力が余ってしまうなど、1日のリズムが崩れてしまうこともあります。

当記事では、2歳児におすすめの室内遊びをご紹介します。一緒に遊べる時間は、子供にとってかけがえのないものです。ぜひ家事とのバランスを考えながら、一緒に遊んでみてください。

2歳児には室内遊びが必要

子供は遊びをとおしてさまざまなことを学び、能力を高めていきます。

  • 体力や運動能力の向上
  • 社会的適応力の発達
  • 認知的能力の発達

これらは遊びから得られるものが多く、子供にとって遊びは不可欠なものと言えます。なかでも、認知的能力の発達は、手先を使ったり、どう遊ぶかを考えるといった室内遊びで養われることが多いです。外で遊ぶだけでは得られない、室内遊びならではのメリットもあります。

2歳児の特徴

2歳児には次のような特徴があります。

  • 足腰が発達し、早歩きや走ることができるようになる
  • 手先を使った遊びができるようになる
  • 自我が芽生え、いろいろなことに興味を示すようになる
  • 意味を持つ言葉が話せるようになる

行動範囲も広がり、危険もともないますが、好奇心を満たしてあげることで成長を実感できる時期と言えます。

2歳児に必要な室内遊びとは?

一般的に、2歳児は「ルールを守る」ということがまだできません。そのため、集団の中で遊んでいるとトラブルになることもあります。親が期待するように遊ぶことはできないかもしれませんが、遊ぶきっかけを作ってあげることは大切です。

手先を使う遊びや室内でも体を動かす遊びをしてあげることで、親との信頼関係を築いていくことができるでしょう。

2歳児におすすめの室内遊び(運動系)

室内遊びといってもさまざまな遊びがあります。ここでは室内でも体を動かして遊べる運動系の遊びをご紹介します。

運動系室内遊び1:しっぽ取りゲーム

  1. ハンカチを用意します
  2. ハンカチをズボンの後ろに挟んで垂らします
  3. ハンカチを取られないように追いかけっこをします

2歳児ではまだ、「逃げる」「追いかける」という動作と、「ハンカチを取る」「取られないようにする」という動作を一緒に行うことができないこともあります。そのため、最初は逃げやすい、つかまりやすい設定で遊んであげましょう。だんだん慣れてくるとゲームが理解できるようになってきます。ゲーム感覚で適度に体を動かすこともできるので、おすすめの室内遊びです。

運動系室内遊び2:的当て遊び

  1. 画用紙と小さく軽いボールを用意します
  2. 画用紙に子供の好きなキャラクターや形を書き、分かりやすく色を塗ります
  3. 壁に画用紙を貼り、少し離れた所からボールを投げて的に命中させます

ボールを投げる動作が苦手な子供もいます。的との距離や的に描く絵の大きさ、ボールの材質や重さは子供によって調節してあげてください。当たったら「すごい!」と言って褒めてあげましょう。

2歳児におすすめの室内遊び(知育系)


室内遊びは手先を使ったり、脳の働きを促す良い機会です。天気の悪い日が続くときなどは、一緒にのんびりと遊んであげましょう。

知育系室内遊び1:積み木

積み木はおすすめの知育玩具です。高く積み上げたり、形を作ったりしながら、物を掴む、握るという動作を覚えることができます。最初は形を作ることが難しくても、想像力を膨らませながら子供はいろいろな遊び方をします。集中力を養うこともできるので、好きなように遊ばせてあげてください。

「寄木の積木(木箱入り)」【店内人気Best5 送料無料 ※北海道・沖縄・離島は除く 2018/1/7午前10時迄】国産積木・出産祝いにオススメ【木のおもちゃ】【積み木】【木製】【名入れ】【飛騨高山  オークヴィレッジ・Oak Village】

知育系室内遊び2:お絵描き

お絵描きは集中力を養うだけではなく、字を書く練習にもなると言われています。2歳になると、ペンを持って描くということができるので、キャラクターを真似して描いたり、人の顔を描いたりできるようになります。水で書くタイプのお絵描きは汚れることもなく、万が一口に入ってしまっても安心です。思い切り好きなものを書かせてあげましょう。

2歳児におすすめの室内遊び(季節系:夏)

夏におすすめの室内遊び1:粘土遊び

2歳になると誤って口に入れてしまうことも少なくなるので、紙粘土などで遊ぶのもおすすめです。握る、丸める、引っ張る、潰すなどさまざまな手先の動きを覚えるので、器用さを養う練習になります。小麦粘土や米粉粘土などは色も豊富で、あまり室内も汚さずに遊ぶことができるので安心です。紙粘土は絵の具で色をつけるとカラフルな作品ができるので親も楽しめます。

created by Rinker
ローヤル
¥3,402 (2019/04/19 01:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

夏におすすめの室内遊び2:パズル

パズルは手先を使うため、指の感覚を養う訓練にもなり、同時に集中力を鍛えられます。2歳児ができるパズルは10ピースほどです。好きなキャラクターなどのパズルであれば、子供も親しみやすく興味を持ちやすいでしょう。

また、無地のパズルに絵や写真などを使ってオリジナルのパズルを作れるキットもあります。パパやママの手作りのパズルも良いかもしれません。

created by Rinker
元祖ぱずる屋さん
¥4,467 (2019/04/19 01:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

2歳児におすすめの室内遊び(季節系:冬)

冬の間は寒さやインフルエンザの流行などで、外での遊びが制限されてしまうことが多いです。少しでも体を動かせるような遊びを室内でも楽しみましょう。

冬におすすめの室内遊び1:風船遊び

ボールより軽く、扱いやすい風船は2歳児の遊びに適しています。幼稚園や保育園で使われることも多く、さまざまな遊び方ができます。違う大きさのものを揃えたり、ゴムだけではなく紙風船や大きめのゴミ袋などを使っても楽しめます。

冬におすすめの室内遊び2:新聞紙遊び

どの家庭にもある新聞紙。新聞紙遊びは子供にとって指を使うことのできる遊びの1つです。ビリビリと破った新聞紙を紙ふぶきのように飛ばすのはとても楽しいです。新聞紙なら部屋の中が汚れることもありません。子供の好きなように遊ばせてあげることができます。

子供の遊び相手になってあげよう!

2歳児はイヤイヤ期もあり、親にとっては子供の相手が特に大変に感じる時期でもあります。癇癪を起こすこともあるので大変ではありますが、ぜひ親も一緒になって遊ぶ余裕を持ってください。

自我が芽生えてくる2歳のころは、親との信頼関係を築く大事な時期でもあります。子供の「遊びたい」という気持ちを大事にして、ぜひ一緒に遊んであげてください。

参考
幼児の生活アンケート|ベネッセ教育総合研究所
2歳児にオススメ!室外&室内の遊びまとめました★ | SmileHouse
【2歳児】雨の日のおすすめ室内遊び17選【体を使う運動遊び編】 | うに子ブログ
あそびのタネ|保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]
雨の日でも楽しく。2歳児の成長に役立つ室内遊びとゲーム|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」
これは手応えあり!【体験談】保育の2歳児遊びの種類 | 保育士【求人プロ】
2歳児におすすめの遊びや発達の特徴は?保育士がすすめる子どもに合った遊びを紹介|ままのて

この記事をかいた人

ryukeimommy

ライター歴5年・・・まだまだ勉強中のママさんライターです。 子育てと仕事の両立に悩みながら、フリーライターとして活動中。 大学生と小学生の息子に支えられ、日々奮闘中です。