名古屋のインターナショナルスクールを徹底比較!注意すべき5つのポイントとは ( 3 )

アブロードインターナショナルスクール

対象

幼稚部/小学部(1歳~12歳)

住所

愛知県名古屋市中区栄2-12-12アーク栄白川パークビル6F

特徴

  • ケンブリッジインターナショナル小学校プログラム導入
  • 入学英語基準:なし
  • 学費:約87万円~(幼稚部フルタイム)

幼稚園では、ネイティブの英語講師とバイリンガル日本語保育士により、すべて英語で授業が行われています。英語を学ぶのではなく、あくまで学びのツールとして捉え、算数・社会・理科などの学習も行われています。

小学部では、ケンブリッジインターナショナルプログラムに沿った学習カリキュラムを少人数のクラスで実施しています。英語を第二国語とする生徒へのサポートや国語レベルの日本語の授業もあるところが魅力です。サタデースクールやサマースクールなどもあります。

参考
アブロードインターナショナルスクール

まとめ


インターナショナルスクールは、子供の英語力を養うだけの場所ではありません。国際色豊かな学校で、友達や先生との交流をとおして子供の個性を伸ばし、アイデンティティを育てる場にもなります。また、他国の文化や人に触れることで、卒業後にそれぞれのフィールドで日本の良いところや改善点について子供自身が気づくことができるようにもなります。ぜひ、子供の個性や進路に合ったインターナショナルスクールを見つけてみてください。

参考
インターナショナルスクール現状|文科省
インターナショナルスクールとは?学費や入学条件は?入試はあるの?|こそだてハック
インターナショナルスクールで気になる9の疑問|AERA dot.

この記事をかいた人

shokole

ライター・英語講師・翻訳者。英検1級、TOEIC980点。英文科を卒業後、すぐに結婚。移住したアメリカで、日本とアメリカの子育ての違いに興味を持ち、現地の大学で幼児教育を学ぶ。6年のアメリカ生活を経て、帰国後に英会話教室をスタート。現在は英語講師のほか、翻訳や論文の英語チェックなどにも従事。ライターとては、英語学習や教育関連の記事を中心に執筆。キッチンで料理するのが毎日の癒し。6人の子供の母。