ちょっとした工夫で子供を喜ばせよう!お年玉のおもしろポチ袋

子供にとってのお年玉はお正月最大のイベントです。みんなで集まったお正月に、毎年いくらもらえるだろうと楽しみにしている子供も多いことでしょう。普段もらっているお小遣いとは異なり、少し多めの金額をもらえたり、多くの親戚からもらう楽しみもあります。

子供はお年玉の中身が一番気になるところ。お年玉を入れる「ポチ袋」そのものにはあまり興味はないかもしれませんが、ちょっとおもしろい「ポチ袋」を使うことでインパクトのあるお年玉になるかもしれません。今回は、子供を喜ばせるお年玉の工夫について、いろいろな方面からアレンジのアイデアをご紹介します。いつものお年玉とはちょっと違う演出を楽しんでみてください。

子供にとってのお年玉って?

子供にとってお年玉とはどのようなものなのでしょうか? うれしいもの、楽しいものであることに変わりはありませんが、現代の小中学生がお年玉についてどのように考えているのかをご紹介します。

正月の一大イベント!

株式会社バンダイの「小中学生のお年玉に関する意識調査」によると、お正月で一番楽しかったことは「お年玉」という回答が1位で、実に56.9%もあったと報告されています。2位の「祖父母の家に遊びに行った」は39.6%となっているので、半数以上の子供がお年玉を楽しみにしていることが分かります。理由としては「好きなものが買えるから」「お小遣いが増えるから」という回答が寄せられています。

それに加え、全体の11.7%が同時に品物ももらっていて、ゲームやおもちゃなど好きなものをプレゼントとしてもらっているのも現状のようです。お正月はやはり大人の財布のひもも緩むのです。

おこづかいとの違い

「小中学生のお年玉に関する意識調査」によると、お年玉の使い道については、「貯金」と答えた人が全体の39.2%もいます。そのほかにはゲーム機やゲームソフトなどを購入している人が28.3%に上りました。やはり普段のお小遣いでは買えない高額なものをお年玉を利用して購入していることが分かります。

お小遣いでは文房具や飲み物、食べ物などを購入し、お年玉では普段買えないものを買っているという結果が出ています。お年玉でもらう金額が高いことも理由でしょうが、お小遣いとは意識が異なっているようです。

お年玉をあげる時の工夫?

お年玉をあげるとき、一風変わった工夫をすると、子供たちにさらに喜んでもらえるかもしれません。

  • ポチ袋を手作りする。
  • お札の折り方を変えてみる。
  • お札を硬貨に替えてみる

などちょっとの遊び心を持つことでバリエーションが広がります。ここでは簡単にできるアレンジ方法をご紹介します。

簡単!自分でできるアレンジ

お年玉をいつもと違うものにするには

  • ポチ袋
  • お札

この2つにアレンジを加えるのがいいでしょう。ポチ袋は簡単にオリジナルのものが作れますし、お札は折り方を変えるだけで大きなインパクトを与えることができます。どちらも非常に簡単なアレンジから、複雑なものまでいろいろなパターンがあります。時間のあるときはゆっくりと、忙しいときでも簡単にできますので、ぜひお正月に向けて挑戦してみてください。

袋を自分で作ってみよう

ポチ袋は市販のものがポピュラーではありますが、自宅にある材料で簡単に作ることもできます。特別な材料はいりません。汚れていない紙袋やコピー用紙なども利用することができます。それぞれの材料とその特徴は以下です。

  • 折り紙:いろいろな柄があり、バリエーションを楽しめる。
  • 包装紙:半紙や折り紙よりは厚手で、中が透けない。
  • 半紙や懐紙:和風の雰囲気を出すことができる。折り方が非常に簡単。
  • 写真:A4の紙にパソコンで写真を印刷し、封筒型のポチ袋ができる。オリジナリティ満載。

ポチ袋を用意するのを忘れてしまった、足りなくなってしまったというときは、わざわざ買いに行くのではなく、折り紙や包装紙などで簡単に作ってみましょう。

お札の折り方を工夫してみよう

お年玉のお札は、本来三つ折り、もしくは折らずに袋に入れるものです。

  • 縁起が悪いので四つ折りにはしない。
  • 複数枚入れるときはバラバラではなく一緒に折る。

以上のようなマナーはありますが、ここでは思い切って折り方自体を変えてみましょう。子供に喜んでもらいたいのであれば、お札の折り方にも工夫をしてみるのがおすすめです。

このようにお札を自由自在に折ることで、とてもユニークな形ができあがります。お正月であれば、これくらいのユーモアがあっても受け入れてもらえるはずです。

1つ注意したいのは、あまり複雑な折り方をしているものは、開くときが大変なことです。引っ張ったりしてお札が切れてしまうこともあるので、あまり小さい子供には向かないでしょう。ある程度の年齢であれば、とてもウケるはずです。

買える!おもしろポチ袋

現在ではおもしろいポチ袋がたくさん売っています。その中でも子供に「おっ」と思ってもらえるような、ちょっとおもしろいものをご紹介します。ちょっと遊び心を出して、一風変わったポチ袋はいかがでしょうか?

おもしろポチ袋紹介・1

表面にいきなりメッセージを入れるのも一案です。「大事なのは金額じゃない」というメッセージはインパクトがあるでしょう。ただし、親子や仲の良い親戚など、あげる人は限られてしまうかもしれません。笑ってもらえる間柄の人に、ぜひ使ってみてください。

おもしろポチ袋紹介・2

視力検査・あみだくじ・QRコード……どれもお年玉とは全く関係のないものが印刷されています。こっているのは裏側で、裏側にも絵があったり、占いになっていたりしています。

おもしろポチ袋紹介・3

お年玉のポチ袋自体に、「100,000,000円」と印刷されています。中に入れる金額を考えてしまいますが、ウケを狙って渡してみるのも楽しいでしょう。「こんなにたくさん入っていないよ」と付け加えるのを忘れずに……。

おもしろポチ袋紹介・4

ポチ袋の表面が賞状になっているおもしろポチ袋です。「よくがんばったで賞」というネーミングはまさにお正月にピッタリです。名前を書く欄もあるので、表彰状を渡すようにお年玉をあげるのもおもしろいかもしれません。ポチ袋に症状を印刷するというかなりユニークなものです。

おもしろポチ袋紹介・5

すごくインパクトのあるポチ袋です。「約束の金だ」という少々物騒なセリフが書かれていますが、絵が可愛らしいのでほほえましく、なんとなく笑ってしまいます。小さな子供は言葉の意味がまだ分からないので不向きでしょう。小学校の高学年以上なら「おもしろい」と喜んでくれるに違いありません。

created by Rinker
¥216 (2019/06/25 06:15:33時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

お年玉はめでたい席であげる「ご祝儀」です。縁起の悪いことさえ避ければ、うるさいマナーなどもありません。子供は本当にお年玉を楽しみにしています。ここは大人も一緒に楽しむくらいの気持ちで、ただいつものポチ袋に入れてあげるだけではなく、何かしら工夫を凝らしたものにしてみると、子供にも喜ばれます。

あげるからには喜んでもらいたいですし、印象に残るものにできれば大人も楽しいものです。簡単にできるアレンジばかりですので、家族の話題作りにぜひ試してみてください。

参考
おこづかいの使い道×お年玉の使い道|小学生白書
「小中学生のお年玉に関する意識調査」|バンダイ
お年玉の折り方で面白いのは? 簡単にできるお札のアレンジや作り方は?|ニュース&イベント ナビゲーター
今年は変わりダネぽち袋!子供から人気者になれるかも?!|NAVERまとめ

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)