東京のおすすめインターナショナルスクール8選!気になる学費や選び方などをご紹介

帰国子女や外国籍の子供たちが通う学校として知られているインターナショナルスクール。国際色豊かな環境で海外の教育が受けられるということで、最近では帰国子女や国籍に関係なく、子供の学校選びの選択肢としてインターナショナルスクールを考える親が増えています。ここでは、インターナショナルスクールを選ぶときのポイントや東京にあるおすすめのインターナショナルスクールをご紹介します。

インターナショナルスクールとは?

主に英語で授業が行われている教育施設のことをインターナショナルスクールと呼んでいます。インターナショナルスクールの多くは日本の学習指導要領ではなく外国のカリキュラムに沿って編成されています。語学力だけでなく、国際的な広い視野や知識が身につくところが魅力のインターナショナルスクールですが、場合によっては日本の学校への進学や転校が難しくなることもあります。ですので、子供の進路を長期的に考えてインターナショナルスクールを選ぶことをおすすめします。

インターナショナルスクールを選ぶときのチェックポイント

数あるインターナショナルスクールの中から、子供を通わせる学校を選ぶ際に気をつけたいポイントを整理してみました。

教育カリキュラムが自分の子供に合っているか

インターナショナルスクールとは言っても、さまざまなタイプがあります。アメリカ式とイギリス式ではカリキュラムが大幅に違ってきますし、かなりの勉強量が必要になってくる学校もあります。自分の子供の個性や進路に合った学校を選びましょう。国際バカロレアなどの国際的な評価団体の認定がある学校は、国内外にかかわらず進学時に有利なのでおすすめです。

入学にはどのくらいの英語力が必要か

授業は英語で行われるため、多くの学校が入学時にある程度の英語力を条件としています。学校によって求められる英語力が違いますので、行きたい学校について事前に調べ、必要であれば条件をクリアできるよう小さいうちから英語を学ばせるのもいいでしょう。ESL(英語のサポートクラス)などがある学校もあります。

学費はどのくらいかかるのか

普通の学校に比べ、インターナショナルスクールは学費が少し高めです。授業料に加えて、校舎の管理費やメンテナンス費用などもありますので、実際にかかる費用を事前にチェックしましょう。

自宅から通える場所か

家庭の事情にもよりますが、子供に負担なく通える場所にある学校かどうか確認することをおすすめします。学校によっては、キャンパスが複数あったりすることもあるので注意する必要があります。

国際認定資格の有無

日本の中学・高校へ進学させたいと考えているのであれば、都道府県の認可を受けている学校がおすすめです。また、海外の大学への留学を希望しているのであれば、世界の難関大学合格にとても優位となる国際バカロレア、また日本の大学入学資格を得ることのできるWASCやCISなどの国際評価団体認定校の学校を選んだりするなど、子供の進路を長期的に見据えて学校選びをすることがおすすめです。

東京にあるおすすめインターナショナルスクール

それでは、東京にあるおすすめインターナショナルをいくつかピックアップしてご紹介します。学費は全て年当たりの金額です。

アオバジャパンインターナショナルスクール

プリスクール/幼稚園/小学校/中学校/高校(1歳半〜高校生)
光が丘キャンパス:東京都練馬区光が丘7-5-1
目黒キャンパス(幼稚舎):東京都目黒区青葉台2-11-5

  • CIS・NEASC・国際バカロレア認定校
  • 入学英語基準:なし(英語の苦手な生徒のための語学サポートクラスあり)
  • 学費:約176万円(幼稚園)〜 *入学料・教材費は含まない

1976年に幼稚園として創設されたアオバジャパンインターナショナルスクールは、現在は幼稚園から高校までの一貫校です。光が丘にある6,600平方メートルの広いキャンパスには、3階建ての校舎をはじめ、体育館や屋外プール、サッカー場やプレイグラウンドなどの設備も充実しています。生徒たちグローバルな視野を育て、互いに思いやり協力し合い、意欲的に協力し学び合える学習環境づくりを心がけており、すべての教員は、大卒以上の学歴および母国での教員資格があります。第二言語としての英語学習や、日本語を母国語とする生徒のために国語の授業もあるところが魅力です。

参考トップページ|アオバジャパンインターナショナルスクール

アメリカンスクール・イン・ジャパン

プリスクール/幼稚園/小学校/中学校/高校(3歳〜高校)
調布キャンパス:東京都調布市野水1-1-1
六本木キャンパス(プリスクール・幼稚園のみ):東京都港区六本木6-16-

  • WASC認定校
  • 入学英語基準:スクリーニングテストあり
  • 学費:約220万円~

1960年代に建築された調布キャンパスの校舎は、丸くてかわいいデザインが特徴です。日本のインターナショナルスクールの中では老舗の学校で、約1,600人の生徒が通っています。アメリカの教育方針に沿ったカリキュラムが導入されており、体育館やプール、劇場など施設もかなり充実しています。小学校から高校までの課程では、パソコンなどの電子機器も積極的に授業で取り入れられており、教育機関としてはかなり恵まれた環境であると言えます。

参考トップページ|アメリカンスクール・イン・ジャパン

カナディアン・インターナショナルスクール

幼稚園/小学校/中学校/高校(3歳〜高校生)
東京都品川区北品川5-8-20

  • WASC認定校・国際バカロレア認定校(高校のみ)
  • 入学英語基準:年齢相当の英語力(必要に応じてサポートあり)
  • 学費:175万円〜

プリンス・エドワード・アイランド(PEI)教育省の認定校で、世界でも高く評価されているカナダのカリキュラムに沿った教育を行っています。さまざまな国からの生徒が集い、多様な文化や言語にあふれた環境の中それぞれの子供の個性や価値観を大切に教育を行うことを理念としています。カナダの教員資格を持った教員による、少人数教育を行っているところがうれしいですね。

参考トップページ|カナディアン・インターナショナルスクール

西町インターナショナルスクール

幼稚園/小学校/中学校(5歳〜中学生)
東京都港区元麻布2-14-7

  • CIS・WAS認定校
  • 入学英語基準:学年レベルの英語力
  • 学費:約250万円〜(入学金・教材費は含まない)

西町インターナショナルスクールは、1949年に設立された老舗の名門のインターナショナルスクールです。麻布にある緑豊かな公園のそばにあるキャンパスは、6つの設備が充実された建物で構成されています。しっかりとした教育カリキュラムに加え、英語だけでなく日本語の教育にも力いれているところがこの学校の特徴です。また、学校・生徒・保護者の関係が密接しており、とてもアットホームな雰囲気の良い学校です。

参考トップページ|西町インターナショナルスクール

清泉インターナショナルスクール

幼稚園/小学校/中学校/高校(女子高)
東京都世田谷区用賀1-12-15

  • CIS・NEASC・国際バカロレア認定校
  • 入学英語基準:英語圏の学校で最低2年就学(日本国籍の子供の場合)
  • 学費:約220万円(幼稚園)~

閑静な場所にある清泉インターナショナルスクールは、60カ国にも及ぶ外国籍の子供たちが700人通う老舗のカトリックインターナショナルスクールです。カリキュラムはモンテッソーリ教育に基づいており、英語のほかにスペイン語・フランス語・日本語が学べます。学業以外にも、課外活動やイベントも豊富なところが魅力です。大学進学率も非常に高く、毎年多くの卒業生が有名校へ進学しています。

参考トップページ|清泉インターナショナルスクール

セント・メリーズ・インターナショナルスクール

幼稚園/小学校/中学校/高校(5歳~高校生)(男子校)
東京都世田谷区瀬田1-6-19

  • 国際バカロレア認定校
  • 入学英語基準:英語のスクリーニングテストあり
  • 学費:約230万円~

1954年にキリスト教教育修士会修道士により創立された老舗の名門インターナショナルスクール。学問的・身体的・社会的・霊的・道徳的に豊かな子供の育成を目標とし、国際的な環境でしっかりとした質の良い教育カリキュラムを展開しています。また、スポーツや芸術などの課外活動にも特に力を入れており、体育館や図書館、メディアルームなどの施設も充実しています。

参考トップページ|セント・メリーズ・インターナショナルスクール

ブリティッシュスクールイン東京

プリスクール/幼稚園/小学校/中学校/高校(1歳~高校生)
渋谷キャンパス(プリスクール):東京都渋谷区渋谷1-21-18
昭和キャンパス(幼稚園~高校):東京都世田谷区太子堂1-7-57昭和女子大学5号館

  • ISI認定校
  • 入学英語基準:年齢に合った英語力(幼稚園)英語のテストあり(小学校以上)
  • 学費:約230万円~

イギリス式の教育カリキュラムに基づいた「ブリティッシュスクール」です。65カ国の国籍を持ち、生徒数は1,000人という日本のイギリス式インターナショナルスクールの中でも最大規模として知られており、学力レベルも高い学校です。家族がイギリス人、または将来イギリスへの進学を希望されている子供には特におすすめの学校です。
参考トップページ|ブリティッシュスクールイン東京

ケイ・インターナショナルスクール

プリスクール/幼稚園/小学校/中学校/高校
東京都江東区白河1-5-15

  • CIS・国際バカロレア認定校
  • 入学英語基準:幼少の子供はなし、それ以外は一定の英語レベルが必要
  • 学費:約200万円~

江東区白河の小学校を改装したキャンパスには、教室、美術と音楽のための特別教室、ジュニア図書室、多目的室などを含む4階建ての広々とした校舎があります。人工芝の運動場やデッキエリア、プレイグラウンド、演劇や音楽の練習などのアクティビティーができる屋上など、恵まれた環境でさまざまな国籍を持つ子供たちが学校生活を送っています。幼稚園から国際バカロレアプログラムを導入しており、知識だけでなく調和の取れた人間性の育成に取り組んでいます。英語サポートを目的としたカリキュラムも多様に用意されており、年齢に合わせて英語の基本からていねいな指導を受けられるのが魅力です。

参考トップページ|ケイ・インターナショナルスクール

まとめ

これからますます国際化が進む中で、子供の語学力や国際人に必要な広い視野やスキルを身につけられる環境のインターナショナルスクールは親にとってとても魅力的です。インターナショナルスクールを選ぶときは、ぜひ子供と一緒に学校を訪問し、その学校の雰囲気や生徒や先生の様子などを実際に見てみましょう。子供が毎日楽しみながら通えるインターナショナルスクールをぜひ一緒に探してみてはいかがですか?

参考

インターナショナルスクール現状|文科省
国際評価団体認定について|文科省
話題のインターナショナルスクール気になる疑問に答えます|ウーマンエキサイト
インターナショナルスクールで気になる9の疑問|AERA dot.
子供をインターナショナルスクールに通わせる前に検討すると良い6のこと|The International School Times

 

この記事をかいた人

shokole